316 Views

blogによる販売促進「シルミド」


http://blog.goo.ne.jp/silmido/
検索エンジン大手のgooのgoo映画において韓国映画「シルミド」のSPのためのblogが立ち上がっている。映画は公開週の3日間が勝負なだけにTVスポットやポスターなどの宣伝以外の告知にblogが使われるのは面白い結果がでそうだ。
映画の宣伝・広告費は映画製作予算の1/3から1/5といわれる。大作であれば膨大な予算がかけられるが、それだけの予算をかけても公開後3日もあれば評価は日本中に知れわたるから、配給会社の宣伝マンは大変な時代となった。
映画が見終わった瞬間から、携帯で友達にメールをしたり、自分のblogに映画の感想を日記でつづるからだ。
反対に、作品に自信があれば口コミで人気をのばすことが可能だ。
今回の「シルミド」は、ソウルの全人口が見たといわれるほどの動員数を誇っているらしく、blogによる販促手法がとられるようだ。さて、一blogerの評価が気になるところだが、blogがコミュニティメディアとしての「媒体」として取り上げられたことはいいことだと思う。貢献した媒体になんらかの見返りが循環できるところまでいければ社会システムとしても機能することかとも思う。