「佐賀新聞無料記事データベース」のおわり

Toshiaki Kanda 2004年05月25日 火曜日
0 people like this post

佐賀 アジアのハリウッド構想講演の資料はこちらです
http://knn.typepad.com/knn/2007/02/post_3.html

「長年、無料公開しご愛顧いただいて参りました佐賀新聞社の記事データベースは、2004年4月15日をもってクローズ化しこの専用ページでご利用いただくことになりました。記事データベースへのアクセスは、佐賀新聞1面に掲載しているIDとパスワードが必要です。」

印刷の佐賀新聞の一面に今月のIDとパスワードが明記されている。
本来、新聞のネット上のサービスは、定期購読者むけにこのようにすべきだったのであろう。
しかし、時折のぞく際に、佐賀のニュースを見るきっかけになっていたのに、皆無になってしまったことの損失も大きいと思う。
はなわの「SAGA」の曲に「SAGA佐賀SAGA佐賀、無料でDB公開している」というネット向けの歌詞を歌ってほしかったのに…。

本当に残念。有料の新聞検索サービスにはいるならどこがよいのか?
全国紙でも、このように定期購読者向けにIDとpassワードを発行するべきではないだろうか?
ネット上での広告に依存することによって、サイトの健全な運営に障害が起きていることはわかる。
購読者の増加、もしくは購読者の満足度をかちえないとネットと新聞の関係はますます乖離するだろう。

もしくは、すでに新聞社のサイトに価値はなく、通信社から個人が情報を買えるような時代が到来する前に、新聞社のサイトは、広告に依存するだけではないビジネスモデルを構築する必要がありそうだ。
とにかく無料で利用できるデータベースがなくなったことは非常に残念。

通信社系ニュースソース およびアグリゲイター
http://www.kyodo.co.jp/
http://www.jiji.com/
http://www.reuters.co.jp/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl
http://www.bloomberg.co.jp/jphome.html

この記事に関連する記事

Category: コラム
  • 0
  • 258
Toshiaki Kanda