1,386 Views

ブラのサイズが大きい人ほど高額消費の傾向、高額消費者はEカップのブラを購入する33パーセントの人たち  門倉貴史

スポンサーリンク

ブラのサイズと高額消費の相関関係という珍しいデータをテレビで門倉貴史氏が紹介していた。

門倉貴史さんの中国のビッグデータ分析からだそうです。

Eカップピアニストの高木里代子さん


http://matome.naver.jp/odai/2144505235523201501

Bカップの高額消費は 7パーセント

Cカップの高額消費は17パーセント

Dカップの高額消費は24パーセント

Eカップの高額消費は33パーセント

Fカップ以上とAカップ以下の割合は11パーセント

BカップからEカップの割合合計が、81パーセント。つまり、Fカップ以上とAカップ以下の割合はわずか、11パーセント
高額消費者は、Eカップのブラを購入する33パーセントの人たちだった。

デカければいいものではない…ようだ。

日本人のバストカップの偏差は…


http://news.mynavi.jp/news/2015/06/23/739/
トリンプの調査

2014年でCカップが最多で26.3パーセント、 続いてDカップの24.1パーセント、その後Bカップ20.5パーセント、高額消費のEカップホルダーは、16.2パーセントしかいない。Fカップは6パーセント、そしてAカップが、5.3パーセント。

http://www.triumph.com/jp/ja/5996.html

門倉貴史先生の著書

世界の[下半身]経済のカラクリ

不倫経済学

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク