買い時が難しくて悩む…ダイソン製品 ダイソンの加湿器+サーキュレーター dyson Dyson Hygienic Mist

Toshiaki Kanda 2015年12月28日 月曜日
0 people like this post

https://gyazo.com/7fdc67c43f9a916c4737c52ee9efdae1

ダイソンの加湿器
「扇風機やサーキュレーターとしても使える」ので、フルシーズン可能という。

加湿器は冬。
扇風機やサーキュレーターは夏。
だからフルシーズン。

しかしだ、ダイソンの季節製品は、サーキュレーターから始まり、次は、hot Coolの温風とサーキュレーター

さらに、pure hot cool の空気清浄機+温風とサーキュレーター

そして、この加湿器だ。

次は、除湿機能のマシン。

さらに、冷房機能のマシン。

そして、最後は、一台で、除湿から加湿から、冷房から、暖房から、空気清浄まで。

問題はそれがいつ登場するかだ。

まずは、それぞれの機能を2万円と考えると、3機能あれば、6万円でも高くはない。
フルシーズン使えると、季節家電ではなくなるからだ。

dysonの場合、空気力学で、家庭から季節家電をなくすことを前提としているのかもしれない。

そのうち、dysonの空気で調理する熱風調理家電とかの新たな分野にも期待したい。

dysonが掃除機のイメージが強くなると、ヘアードライヤーとかには使いたくなくなるので、dyson=掃除機のイメージを、
dyson=空気力学 のイメージにすり替える必要がありそうだ。

加湿器も欲しいし、空気清浄機も欲しい。難しい選択だ。

さらに、ルンバに強力なライバルとして、ダイソン 360 eye が登場したから、こちらも価格がこなれた次期モデルに期待したい。

Category: gadget
  • 0
  • 182
Toshiaki Kanda