//

激動のスペイン、カタルーニャ州バルセロナ出張計画 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv激動のスペイン、カタルーニャ州バルセロナ出張計画 | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
51 Views

激動のスペイン、カタルーニャ州バルセロナ出張計画

クアラルンプールの自分の部屋を貸出し、バルセロナに住みながら、激動の時を体験する計画。

日本ではできないことが、海外に一歩飛び出すことでできる事が飛躍的に広がりそう!

ポリッシュエアウェイズ(←こんなのあるんだ!)で、ポーランドのワルシャワ空港乗り換えで、スペイン、カタルーニャ州バルセロナの独立を体験する旅。 

東京往復の場合、
バルセロナ-東京往復5万7,757円 
2017年12月16日〜2018年1月13日の場合

海外旅行を無料でするためには、海外に一件、レンタルできる物件を持っていいるだけで可能性ひろがります!
カタルーニャ、物価が安いので、今がチャンス!

月10万円の投資(家賃)で15万円の収益で、150%の利回り!
さらに、空き物件の運用のみもクアラルンプールではじめます!
半年くらいクアラルンプールで住みたい人は、いませんか?

https://www.skyscanner.jp/transport/flights/tyoa/bcn/171216/180113/airfares-from-tokyo-to-barcelona-in-december-2017-and-january-2018.html?adults=1&children=0&adultsv2=1&infants=0&cabinclass=economy&rtn=1&preferdirects=false&outboundaltsenabled=true&inboundaltsenabled=false&qp_prevProvider=ins_month&qp_prevCurrency=JPY&qp_prevPrice=57056&pricesourceid=b3ms-SG1-1#results

総選挙は2017年12月20日水

カタルーニャの州都バルセロナを拠点にするラ・バングアルディア紙は、プチデモン首相が12月20日に総選挙を実施する意向を示すと報道。中央政府のラホイ首相に対し、カタルーニャ州の直接統治を止めさせることを目指すという。中央政府は早ければ27日にも自治権を停止する見込みだ。

自治州連立政権には総選挙を支持する議員もいれば独立以外の選択肢はないと主張する強硬派もいる。プチデモン首相による解散総選挙の実施の可能性を受け、独立派からは反発の声が上がった。

カタルーニャ州が独立したいその理由

とてもわかりやすい、カタルーニャ州が独立したい理由のレトリック。
スペインのシェアハウスに住むカタルーニャさんが引っ越したいワケ

私の名前はカタルーニャ。様々な文化をもった人たちと、スペインというシェアハウスで暮らしています。

このシェアハウスでは、みんなで仲良くするために、方言は禁止、独特なインテリアも禁止、同じルールで暮らしていかなければなりません。

シェアハウスを運営するために、共益費を払わなければなりません。集めたお金で、各部屋の電球の交換や、壁や扉の修理などをしてもらえるのです。金額はそれぞれの収入に応じた額が決められることになります。

でも、ちょっとだけひっかかります。

バスクさんと、ナバーラさんだけ、「以前から決まっていたから」とかいう理由で、収入に応じた額よりも少なめに集金されているんですよね。

私、カタルーニャはこれでも結構稼いでいるから、もちろん、このシェアハウスに入れる額も大きくなるんです。

でもね、この前から大家さんに、扉ががたついてるから修理してほしいって訴え続けてるんですけど、全然修理してもらえないままなんですよね。

それなのに、みんな、不景気で給料カットされちゃったからとかいう理由で、結局私の入れてるお金を頼りにしてる感じがあるし。それで修理してもらえないって、なんか、ちょっと、納得いかないなって。

だから、私、提案したんですよ。私の部屋の扉とか、壁紙とかの補修をするのに、私がシェアハウスに入れてる額に見合うだけ使わせてほしいって。

一応、大家さんたちで検討はしてくれたみたいなんですけど、見事に却下されてましたね。

だから、今度は、ちょっと考えて提案したんです。この集金をやめて、各部屋の交換とか修理とかは自己管理にしたいですって。

そしたらもう大家さんカンカンですよ。今、運営費用も赤字になりがちなのに、勝手なこと言うなって。それもおかしな話じゃないですか?

何を言っても駄目だし、もう引っ越すしかないかなあ。

※実際の話に100%適合する話ではありませんが、大体こんな感じです。
https://uwatopi.com/cataluna/

高騰するスペイン国債

スペインの国債価格は上昇、10年債利回りは6ベーシスポイント(bp)低下の1.58%となった。スペインのIBEX指数は約1.9%上昇し、4週間ぶりの高値をつけた。INGのストラテジスト、マルティン・ファンフリート氏は「プチデモン首相は独立宣言以外の方法を模索しているもようで、スペインにとって朗報だ」と述べた。
https://jp.reuters.com/article/spain-politics-catalonia-election-idJPL4N1N15Q3

この記事に関連する記事