40 Views

観光庁、インバウンド数2020年の目標は4000万人、2030年には6000万人

スポンサーリンク

2017年、日本は2020年の東京オリンピックに向けて、躍進している。
インバウンド観光客は世界16位で1973万人(2016年)だ。
外国人観光客が日本で消費した金額が合計で3兆4771億円(312億9389万9999ドル)(2015年)
2016年の訪日外国人旅行者が前年比21.8%増の2403万人

観光庁の目標

「明日の日本を支える観光ビジョン」
観光庁は2020年に4000万人の観光客を想定している。2030年には6000万人の目標を設定。
2020年の外国人のべ宿泊者数は7000万泊(2015年の3倍弱)
2030年の外国人のべ宿泊者数は1.3億泊(2015年の5倍超)

★訪日外国人旅行者数 2020 年:4000 万人 2030 年:6000 万人
(従来目標:2020 年2000 万人、2030 年3000 万人)
★訪日外国人旅行消費額 2020 年:8兆円(720億ドル) 2030 年:15 兆円
(従来目標:2000 万人が訪れる年に4兆円(360億ドル))
★地方部(三大都市圏以外)での外国人延べ宿泊者数
2020 年:7000 万人泊 2030 年:1億 3000 万人泊
★外国人リピーター数 2020 年:2400 万人 2030 年:3600 万人
★日本人国内旅行消費額 2020 年:21 兆円 2030 年:22 兆円
2016年、平成28年3月30日策定
http://www.mlit.go.jp/common/001126601.pdf

圧倒的にホテル、宿泊施設不足になりそうだ。

外国人観光客の目は地方へ向いている。これからのインバウンドは地方部が主役になる!

明日の日本を支える観光ビジョン

― 世界が訪れたくなる日本へ ―
明日の日本を支える観光ビジョン構想会議
視点1 観光資源の魅力を極め、地方創生の礎に
視点2 観光産業を革新し、国際競争力を高め、我が国の基幹産業に
視点3 すべての旅行者が、ストレスなく快適に観光を満喫できる環境に
http://www.mlit.go.jp/common/001126598.pdf

観光後進国の汚名挽回

それだけ日本は、観光産業に関しては後進国だったのだ。
2015年で世界と比較してみると、これだけの文化や安全、都市化があっても観光地としての認識がサウジアラビアと同等である。

アジア諸国でも、

1位中国 5688万人

2位トルコ 3947万人

3位タイ 2988万人

4位香港 2668万人

5位マレーシア 2572万人

6位日本 1973万人

についで日本は6位である。

東アジアのファーイーストの日本という離国だとしても、世界から一番離れているハワイが年間780万人(日本の39.5%)の観光客数がいることを考えるとまだまだ可能性がある。
何よりも文化資産や都市資産、治安を考えるとアジアのトップクラスになる可能性は十分に秘めている。
2030年には6000万人の目標は決して難しい数字ではないと思う。

そのための規制緩和や飛行機、交通、言語、標識、テレビの英語キャプション放送は必須だ。

 


http://www.jnto.go.jp/jpn/statistics/visitor_statistics.html

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク