カテゴリー: クアラルンプール

マハティール首相の6月1日より消費税0%宣言 あと2週間だよ!今日から買い控えに備える!税収の18.3%相当がゼロ

まさかの消費税ゼロ%の実施を2週間後の2018年6月1日に実施!
マハティール首相の6月1日より消費税0%発表に今日から備える!

このスピード感が凄い!!!

あと2週間しかないじゃないか!

あらゆる店舗のレジからGST6%を、0%に設定をたったの2週間で!!!

これ、日本でも相当ハードな話なのに、ラマダン前のマレー人がやろうとすると、問題が絶対に多発すると思う。

いや、マハティール首相としては、そんな悠長なことは言ってられない。

消費税0%を発表した時点から、買い控えが始まるからだ。その期間を最短にすると、この2週間というタイミングなのだろう。

今月後半の売上が減ったとしても、ラマダンの始まる6月からは、しばらくは、全商品が6%オフで買えるのだ。

これで、売上や景気アップ感は庶民にまできっと伝わることだろう。

2018年東京:クアラルンプール渡航料金最安値一覧

skyscannerはとても便利なサービスだ。最安値の航空会社のチケットを探し出してくれる。しかし月を指定しないと個々の料金がわからないので、1年を通じて料金がわかるように画面をキャプチャして並べてみた。これで一年を通じて、早めにチケットを手配することができる。

3万円以下で行けるクアラルンプール。東京-大阪を往復するよりも東南アジア往復の方が安い時代

クアラルンプールからは近隣のバリ島(インドネシア)、プーケット島(タイ)ホーチミン(ベトナム)などが往復でも数千円で行ける。しかもAirBnbなどでいろんな滞在が可能となる。
東京から大阪に行くよりも東南アジアの方が安い時代なのです。