33 Views

マハティール首相の6月1日より消費税0%宣言 あと2週間だよ!今日から買い控えに備える!税収の18.3%相当がゼロ

マレーシア、6月1日付で消費税を廃止-マハティール政権の選挙公約

マレーシア政府は16日、消費税に相当する物品・サービス税(GST)の税率を6%から6月1日付でゼロ%にすると発表した。政権交代を実現させたマハティール首相の選挙公約通り、消費税を廃止する。財務省が電子メールで声明を配布した。全ての企業が対象となる。

政府は昨年、税収の18.3%に相当する438億リンギット(約1兆2200億円)をGSTから確保。法人税に次ぐ大きな税収源だ。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-05-17/P8UH6I6S972801

まさかの消費税ゼロ%の実施を2週間後の2018年6月1日に実施!
マハティール首相の6月1日より消費税0%発表に今日から備える!

このスピード感が凄い!!!

あと2週間しかないじゃないか!

あらゆる店舗のレジからGST6%を、0%に設定をたったの2週間で!!!

これ、日本でも相当ハードな話なのに、ラマダン前のマレー人がやろうとすると、問題が絶対に多発すると思う。

いや、マハティール首相としては、そんな悠長なことは言ってられない。

消費税0%を発表した時点から、買い控えが始まるからだ。その期間を最短にすると、この2週間というタイミングなのだろう。

今月後半の売上が減ったとしても、ラマダンの始まる6月からは、しばらくは、全商品が6%オフで買えるのだ。

これで、売上や景気アップ感は庶民にまできっと伝わることだろう。

テニスシューズは良いとして、スマートフォンなどの、高額商品は6月1日以降まで我慢!

ニュースを見た瞬間に 6月1日が待ち遠しくなりました!

日本も、これくらいのドラスティックなことをしなければ…。

マイナンバーカードを利用している人は、消費税0%とか…。

すると一発で、銀行からいろんな登録が紐付けできて、別の税収がアップできるかも…。

https://ja.wikipedia.org/wiki/マハティール

マレーシア選挙 建国以来の政権交代なるか? ナジブ首相 VS マハティール元首相 の師弟対決

この記事に関連する記事