カテゴリー: politics

外国人単純労働者 2025年にプラス50万人超え 現在外国人労働者は127万人

現在、日本の外国人労働者は127万人。
2025年、今から8年後には、単純労働も含めて、50万人増え、177万人になりそう。
139%増えることとなる。

治安の問題をふくめて、就労資格は厳しかったが、15~64歳の生産年齢人口の減少が、2040年度(22年後)には、2018年度比で約1500万人減ると試算しているからだ。

2018年5月25日施行の『GDPR』とは?…『EU一般データ保護規則』罰則は売上の4%最大26億円のどちらか高い方

欧州EEA域内の個人情報、IPアドレスからクッキーにいたるまでの個人情報をを悪用する、または悪用された場合には、取得した企業に対して罰則が設けられたということだ。反則金が売上の4%か最大26億円のどちらか高い方という多大な罰則である。
欧州EUの法律のように無関係に思われがちだが、一斉にこの重大さに緊急対応が強いられている。

マハティール首相の6月1日より消費税0%宣言 あと2週間だよ!今日から買い控えに備える!税収の18.3%相当がゼロ

まさかの消費税ゼロ%の実施を2週間後の2018年6月1日に実施!
マハティール首相の6月1日より消費税0%発表に今日から備える!

このスピード感が凄い!!!

あと2週間しかないじゃないか!

あらゆる店舗のレジからGST6%を、0%に設定をたったの2週間で!!!

これ、日本でも相当ハードな話なのに、ラマダン前のマレー人がやろうとすると、問題が絶対に多発すると思う。

いや、マハティール首相としては、そんな悠長なことは言ってられない。

消費税0%を発表した時点から、買い控えが始まるからだ。その期間を最短にすると、この2週間というタイミングなのだろう。

今月後半の売上が減ったとしても、ラマダンの始まる6月からは、しばらくは、全商品が6%オフで買えるのだ。

これで、売上や景気アップ感は庶民にまできっと伝わることだろう。

世界最大の都市は『東京圏』約4,000万人 1兆5,369億ドルの都市GDP

東京都の人口は1372万人。しかし東京の日昼人口はさらに多い。
そこで得た給与で生活をしていると考えると、東京と近隣4県もふくめた経済圏として、『東京圏』として考えられる。
世界最大の人口であり、世界最大のGDP都市圏である。
しかし、そこが「少子・高齢化」の目に見える未来に直面している。

Amazonの50億ドル 全米第2ヘッドクオーター争奪合戦

オリンピックは、世界中に注目される2週間とはなるが、終わった瞬間に、スタジアムなどのレガシーしか残らない。しかし、企業の誘致はその企業のポテンシャルによって、街全体に波及効果が広がる。
全米で、amazonの第二本社獲得合戦が始まっている。