1,103 Views

CNN.co.jp : フェイスブックとアップル、卵子凍結に保険適用

スポンサーリンク

facebookとAppleは福利厚生の手段として、卵子凍結にまで着手した。

今度は、いつ出産するのかという時期も検討しなければならない。
そのうちキャリアパスの成果アルゴリズムで、出産時期を推薦してれくれるのかもしれない。相手も…見つけるサービスとかも…。

facebookのアルゴリズムによって、すべて時系列で見せるtwitterとちがって、興味のある関係性を見せるSNSのアルゴリズム社会に我々はすでに慣れてきている。

選んでもらった方が幸せなのか、苦労してでも自分で選択できる自由を残すほうがいいのか…難しい問題となる。

卵子凍結や精子凍結は、自分の肉体的なDNAの賞味期限を延命できるテクノロジーだ。これはこれで素晴らしい。

しかし、これからは、オーガニックで生まれたとか、試験管、代理母によって生まれたとかの差が、その後の人生とか親子関係で差が出てきそうだ。

卵子凍結は、将来の出産に備えて卵子をあらかじめ採取して保存しておく技術。米国では2012年にもはや「実験的」な医療ではないと認められたが、がん治療で卵巣機能を失う恐れのある場合などを除き、一般に保険は適用されない。主要企業が健康な女性の卵子凍結を適用対象としたケースは、これが初めてとされる。

フェイスブックの保険では今年1月から、卵子凍結を含む妊娠医療が最大2万ドル(約214万円)までカバーされている。アップルも来年1月から適用を開始する予定だという。

凍結の費用は1サイクルにつき少なくとも1万ドルで、その後の保存に年間500ドル以上かかる。医師から20個以上の卵子を保存するよう勧められ、凍結を2サイクル実施するケースが多い。

卵子凍結によって、女性は出産をあきらめることなくキャリアを築くことができる。しかし一部には、女性に当面「子育てより仕事優先」という選択を強いることになると懸念する声もある。

引用元: CNN.co.jp : フェイスブックとアップル、卵子凍結に保険適用.

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク