932 Views

俺たちに明日はない!死ぬのは奴らだ… live and let die

2009年10月18日の写真。 9 年前の写真だ。
facebookは過去の自分の記憶を遠慮なく空気を詠まずに投影してくる…。

twitter社のパーティーだった。
まさか、twitterの身売り話しが訪れているとは、この時twitterは、まさに、インターネットの革命児でもあった。

真ん中は、今は亡き、ゲームデザイナーの飯野賢治氏だ。
2013年2月20日 享年 42歳 心不全だった。もう、 6年経過

https://ja.wikipedia.org/wiki/飯野賢治

この時は、まさかそんな事…だった。
飯野さんの写真を見る度に、死へのあっけなさを想い出させてくれる。

亡くなってから何年も経つのに、いまだにtwitterでは小洒落たことを言っている(笑)

どっちも経験してねーじゃねーか!

マイケル・ジャクソンの死をあれだけ悲しんだのに、その後すぐに追っかけて行ってしまった…。
今頃、クラウド側で、シェケブンブンブンしていることだろう(笑)。

しかし、数年後、ボクも元マイクロソフトの古川さんも死にかける…。
https://ja.wikipedia.org/wiki/古川享

人生なんて、常にわからないものだ。

生まれた瞬間から、自分のDNAを残し続けるための煩悩でスタートする死へのレースなのに、人間だけは、それ以外のDNAを残すためにやっきになる…。

名誉だったり、カネであったり、土地であったり、事業であったり…。

150年以上、生きた人はいない。いつかは死ぬのだ。
明日、何かあれば、死ぬかもしれない。

なぜか人は、自分の死を直視しないで、遠い存在で人の死を悲しむ。

いやいや、死なんて明日は我が身だ。

今日を生きられ、明日死んでも悔いのなかった一日かどうかを毎日悔やむ。

明日こそ、明日死んでも悔いのない一日を過ごしたい。

新しい家族もできたので、1日1日、幸せを噛み締める毎日を過ごすのみだ!

将来や未来や老後はすべて明日の延長の連続だ。
明日は今日を生きぬいてこそやってくる…。

今日を生きよう!今日が一番大事だ。明日はないと思って今日を生きる!

この記事に関連する記事