講談社、22の全コミック誌を電子化 紙と同時配信

Toshiaki Kanda 2015年01月05日 月曜日
0 people like this post

http://www.kodansha.co.jp/upload/pr.kodansha.co.jp/files/pdf/20150105comic.pdf

ブラウザでも視聴できるようになると、テレビに映し出して「見る」ということもできるのかも…。
また、耳は空いているので、ページごとにBGMのような音楽というようなコミック+αもあるかも…。

電子書籍時代の本格到来に向け、講談社は、全コミック誌を紙と同時に電子版で配信する方針を決めた。コミック誌は一般書に比べて電子化が遅れていたが、「より多くの人に読んでもらうためには必須」と6月までに同社の22誌すべてで踏み切る。

5日に「ヤングマガジン」(紙の発行部数は67万部)、6日に「月刊少年マガジン」(同66万部)、7日に「週刊少年マガジン」(同132万部)を、すでに配信中のコミック誌に加えて一気に電子化する。

コミック誌は制作に時間や人員の余裕がない上、電子化に不安を持つ作家もいたことなどから、電子化が遅れてきた。だが、昨年は、集英社が国内最大のマンガ雑誌「週刊少年ジャンプ」を電子化。いち早く「モーニング」を電子化するなど先行してきた講談社が新年にあたって「次の一手」と踏み切った。

同社のデジタルビジネス局の担当者は「ライバルは他の出版社だけでなく、動画やゲーム。並みいるコンテンツの中で選び取ってもらえる工夫をしていきたい」としている。

引用元: 講談社、全コミック誌を電子化へ 紙と同時配信:朝日新聞デジタル.

この記事に関連する記事

Category: news
  • 0
  • 120
Toshiaki Kanda