766 Views

IoT時代の連鎖停止。気象庁が誤配信スマホアプリなどに「震度7」の緊急地震速報

スポンサーリンク

PDFで謝罪ではなく「お知らせ」

【追記】

平成 28 年 8 月 1 日
気象庁 地震火山部
お知らせ
平成 28 年 8 月 1 日 17 時 09 分頃に発表した
緊急地震速報(予報)について
❏平成 28 年 8 月 1 日 17 時 09 分頃に、千葉県富津市付近を中心に最大震度7を予測した緊急地震速報(予報)を発表しましたが、その後周辺の観測点で揺れが観測されなかったため、15 秒後にキャンセル報を発表しました。
❏この原因は、緊急地震速報に活用している防災科学技術研究所の富津観測点のデータに大きなノイズが記録されたためです。
❏なお、緊急地震速報(警報)は、このようなノイズによる発信を回避するため、2点以上の観測点で揺れを観測した場合に発表することとしており、今回、緊急地震速報(警報)は発表しておりません。
❏また、17 時 12 分頃にも千葉県富津市付近で震度5弱以上を予測した緊急地震速報(予報)を発表しましたが、これも同様のノイズによるものと考えられます。
http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/oshirase/20160801.pdf

最大震度7の予報発表15秒後にキャンセル報を発表。原因は、ノイズが記録されたため、警報は発表していない。
…だから、何をお知らせしたいんだろうか?
謝罪するものではないとでもいいたいようにしか聞こえない。

結果としては、今後このようなことがあれば、トップページで「重要なお知らせ」で掲載してください。
PDFではなく…。
http://www.jma.go.jp/jma/index.html

「震度7」の誤報がこんな階層の下で修正してどうするんだ気象庁?

【追記】気象庁の誤報確認ができた。

しかし、なぜ気象庁のトップページでなく、こんなに階層の深いところへ?

ホーム > 各種データ・資料 > 緊急地震速報(予報)発表状況 > 緊急地震速報(予報)の内容
http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/fc_hist/2016/08/20160801170904/index.html

http://www.data.jma.go.jp/svd/eew/data/nc/fc_hist/2016/08/20160801170904/index.html

しかも、「誤報」でなく「キャンセル報」とは、いったいどういう意味なんだ?

せめてtwitterでも一般の人にもわかる文言で、修正の一報くらい流すべきだろう。

上部機関にあたる国土交通省は、気象庁に徹底して指導して欲しい。

これが事実ならば、記者向けのレクチャーの頃には、十分にデマが世界に広がってしまう可能性を否定できない。

気象庁関連の人たち、この#気象庁 必読!
https://twitter.com/search?src=typd&q=%23気象庁

誤報やシステム異常でも、電車やエレベータが緊急停車する。
確認が取れない限り、再稼働できないようになるのかもしれない。

IoT時代、システム障害によって、従来のように手作業で回復できない「事故」が連鎖される可能性もある。

飛行機の予約システムの異常だけで、飛行機が欠航する時代だ。
人間の手作業で復旧やシステムを解除できる手法は残しておかないと不安だ。

気象庁のページにはこの件についての記事は何も掲載されていない。
2016年8月1日 18時20分現在
http://www.jma.go.jp/jma/index.html


のツイッターはこれが最後…。

発言や修正する確認作業に追われているのだろうか?
震度7を誤報してから1時間以上経過している。
これこそが、異常事態だ。

❏2016年8月1日午後5時9分ごろ、スマートフォンの一部アプリなどに、震度7の地震を知らせる緊急地震速報が出たが、これは、気象庁が誤って出したものとみられ、確認をしている。首都圏の電車が、この配信を受けて、一部確認のために止まるなどの影響が出ている。

情報源: 気象庁が誤配信か スマホアプリなどに「震度7」の緊急地震速報(フジテレビ系(FNN)) – Yahoo!ニュース

この記事に関連する記事

スポンサーリンク