1,032 Views

進化するデスクトップキッチン! IHコンロ アイリスオーヤマ IHK-T34-B

スポンサーリンク


アイリスオーヤマのIHを西友で衝動買いしてしまった…。

かつて、IHの調理家電は3万円(267ドル)くらいしていたと思う…。
しかし、西友で買った値段は…なんと、¥4000もしなかった!

お鍋用にカセットコンロをと思っていたが、これなら絶対にIHだ!

まず、電源があれば省スペースで低温でグツグツと煮込み料理ができる。離れたキッチンではなく、机の真横で料理の行程がチェックできる。
一気に食べるのではなく、小鳥のようについばみながら、時間をかけて、少量づつ食べる。これぞ、デスクトップキッチンだからこそできるワザ。

火を使わない安全性とガスの入れ替えが不要。¥4000で2年使えたとすると一ヶ月あたり¥167 3年で償却すると一ヶ月あたり¥111だ。これは調理器具とするともう、誤差の範疇だ。
何よりも、湯煎もできるので、カレーライスなども可能だ。もちろん、炊飯もできる。天ぷらも可能だ。
デスクトップにおける電子レンジもあれば最強だ!

デスクトップすき焼き


机の袖のキャビネットがちょうど、IHのスペースにぴったり!

スーパーでもらえる牛脂
お肉
砂糖 少々
醤油×1 味醂×1 酒 ×1
焼き豆腐、ネギ、白菜、きのこ類 
生卵ソースで召し上がります
このスタイルならば、会社でもお弁当時間にすき焼きパーティーできるかも!

アイリスオーヤマ
IHK-T34-B

http://www.irisplaza.co.jp/Index.asp?KB=SHOSAI&SID=H561759F

http://kakaku.com/kaden/electric-range/

いろんなブランドがあるが、お鍋を作るのに、あまりブランドにこだわりがない。まずは、台所にいかずに、デスクトップのキャビネットをひきだして、のせるだけ。仕事しながら料理ができる!このながら料理が便利だ!

昆布をIH用の深鍋フライパンにいれて、一仕事…。昆布のお味がでたところで、白菜をしんなりするまで茹で、牡蠣や豚しゃぶを投入、あとはポン酢や、ごまだれで…。机から離れずにひとりしゃぶしゃぶ…。最高のデスクトップ環境ができつつある。

しかも、おネギは冷蔵庫ではなく、デスクトップ菜園のネギをハサミでチョキチョキと…!

デスクトップまわりでいろいろ調達できるようになってきた。

まさにコックピット化してきた感じ!

デスクトップがネスレのショールーム化

第3弾 ネスカフェアンバサダープログラムに非常に大満足!大逆転!

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク