india link


Googleの知られざるCEO、スンダー・ピチャイを探して

iPhoneは、インドでほとんど見かけない。Appleの市場シェアは2%に満たない。 一方、Androidはインド市場の64%ものシェアを誇っている。そして2016年には、Androidは始めてインド市場の販売額でアメリカを超えるとGoogleは予測している。スマートフォンは、アメリカでは、ほぼ飽和状態だ。成人人口の70%、20代の86%が少なくとも1台は所有している。それに対しインドではまだ普及途上。人口の26%しかスマートフォンを所有しておらず、その26%がインドにおけるほぼすべてのインターネットユーザーという状況だ。だがこれもあっという間に変わるだろう。Nexus 6Pのような高機能のハイエンド端末だけでなく、無名のメーカーによる安価なスマホの爆発的普及、そしてインフラ整備が背景にあるからだ。経済発展するインドにおいて、Androidの市場シェアを確固たるものにすること。これはピチャイの課題だ。 インドでパソコンは普及しなかったと、ピチャイは言う。「Androidをベースにした安価なスマートフォンと、インターネットがつながりやすくなったこと。この2つの組み合わせが、インドに光をもたらしてくれる」 And

情報源: Googleの知られざるCEO、スンダー・ピチャイを探して

この記事に関連する記事