805 Views

「じゃらん」ポイント悪用、300万円詐取、沖縄のゲストハウス

3000回も利用したら、足がつくのはわかりきっている…。
しかし、メールアドレスだけで、IDが取得でき、いろんなキャンペーンでポイントが獲得できるのでこういう自作自演も潜在的に考えられる。

しかし、3000回で300万円のポイントとすると、1回あたり、1000ポイントとなる。そのポイントを得るための工作も相当な大変な労力がかかると思うのだが…。
警視庁の2000万円以上というのは何の被害なんだろう…。

http://www.jalan.net/

宿泊客が利用したポイントが宿側に現金で振り込まれる仕組みを悪用し、大手旅行宿泊サイト「じゃらん」から現金約300万円をだまし取ったとして沖縄県のゲストハウス経営者らが逮捕された。警視庁によると、電子計算機使用詐欺の疑いで逮捕された沖縄県のゲストハウス経営者・瑞慶山文雄容疑者(54)と宮崎県の無職・宇羽野真史容疑者(34)は去年、ウソの宿泊予約を約3000回繰り返し、じゃらん側から現金約300万円をだまし取った疑いが持たれている。宇羽野容疑者はじゃらんのサイトにポイントを利用した架空の予約を入れ、宿の経営者の瑞慶山容疑者は、宇羽野容疑者が実際に宿泊したとみせかけ、じゃらん側から支払われるポイント分の現金をだまし取っていたということで、警視庁は2000万円以上をだまし取っていたとみている。

情報源: 「じゃらん」ポイント悪用、300万円詐取|日テレNEWS24


http://www.asahi.com/airtravel/SEB201011220057.html?ref=reca

この記事に関連する記事