練馬区の選挙へ行かない20万人へ かんだとしあき をお知らせください!

Toshiaki Kanda 2015年04月22日 水曜日
0 people like this post

みなさん、「かんだとしあき」が、本当に出馬していること、知らない人にぜひお伝え下さい!

きっと、皆さんのつながりの先には、練馬区の今まで選挙に行かなかった人も何人かいるはずです。

20万人の有権者が選挙にいっておられません。その1.75%が動いていただき(3500票当確ライン)、「かんだとしあき」と書いてくださると当選できます!

選挙に行っても、行かなくても…

ネットからの、政党や組織のしがらみのない人が議会に出るとどうなるのか?
サービス向上と正義感と面白がりで、好奇心満載のオトコが参入すると、政治の世界がどれだけ、滑稽な議論で成立しているのかを赤裸々に暴いていきます!
毎日、おもしろおかしく政治の世界をレポートすることだけは、絶対にお約束します!

そして、それは練馬区にかぎらず、日本の政治は、旧態依然とした変革なき、惰性の産物です!
NHKの予算会議とか見てみると、予算の質問の話しなど何もなされていませんよね。くだらないワイドショー化しています。

また、この区議選挙にも70人もの候補者が出馬して、50人の枠を埋めます。しかし、その大半が支持母体や組織で投票する人達だけで牛耳られているといっても過言ではありません。

そんな世界を変えるためには、異質のDNAで、化学変化をおこさなければ何も変わりません!

たった一人の区議が、供託ポイント 今回は約500票取れば、最高660万円程度まで使え、
公費負担もポスターが1枚970円が500票以上の人には負担されます。 ポスター1枚が970円って577ヶ所に貼ると、約60万円。
それだけで、印刷会社と請求書を操作していれば、供託金(区議会30万円)がわりにはカンタンになってしまいます!

60万円も使えるとか! そんなの選管で統一して発注すればもっと安くなるはず!

なので、使えるお金はジャブジャブ使って、こんなに使えるのはおかしいと当選してから、ルールを変えていきます!

勝たなければ意味がない!

そこに、今までは、カネのかからない選挙で勝つ方法をと思っていましたが、まるで共産党の交付金の考え方と同じと思いました。

選挙の無駄を、共産党さんのように政党交付金をもらっていないと誠意連潔白をとおしても、他の党に交付金が分配されるのと同じしくみ。

実際に勝利して、その条例や法律を変える立場になって、ルールそのものを変えられる力を得ないことには、いつまでも何も変わりません。

ボクが政治家をめざしているのは、ジャーナリストで批判するとしても、メディアは社会の木鐸たれなのですが、あくまでもルールフォロワーです。
ルールメイカー側にならなければ社会は今のままです。

一部の既得権益者だけが幸せ。社会の底辺にいる人はさらに問題を抱える。

シングルマザーのシェアハウスなども条例を変えるだけで、たくさんの未来の宝を持つお母さんたちが自立できるのです!

なので、練馬区のお友達に選挙にいこう!とお伝えください!

選挙投票日まで、あと4日! もちろん、期日前投票所もたくさんあります!

練馬区議会議員候補 かんだとしあき  h

この記事に関連する記事

Category: politics
  • 0
  • 164
Toshiaki Kanda