490 Views

滝沢カレンの可憐な日本語!「たどたどしい日本語キャラ」丁寧に話せば話すほど…ユニークに

スポンサーリンク


滝沢カレンの可憐な日本語!

滝沢カレンちゃん、ローラ以上に面白い。
前頭前野の言語中枢の記憶の仕方が人とちがうんだろあなあ….

加藤なつきさんやAKB48の秋元才加さんも彷彿させる顔立ち。

https://ja.wikipedia.org/wiki/滝沢カレン

このナレーション力と表現力がハンパない!

https://www.youtube.com/watch?v=aW2dLBCcj94

https://www.youtube.com/watch?v=1El5cupRh6A

https://www.youtube.com/watch?v=l_jl47DVORw

このナレーションシリーズおもしろすぎる…。

1992年5月13日生まれの25歳

何と言っても、ハナシをする日本語がとてもユニーク。ある意味、ローラを越えた日本語の使い方。

ローラの日本語がおかしい理由は…?

だったが、滝沢カレンさんもなにか言語を覚える時に問題が?

どうやら、ウクライナ人のお父さんと日本人のお母さんの間で通訳の仕事で日本語が片言のロシア人との関わりが多かったことが原因のよう(推測)。外国人がていねいな言葉をしゃべろうとすればするほど、変な丁寧語になってしまうロジックに近い。
すると、ロシア語が堪能だったりするのか?いや、天性の日本語の新しい解釈ではないだろうか?それにしても、ユニークすぎる…。

「たどたどしい日本語キャラ」としてかなり使いやすそう。CMもハマる広告主だとかなりヒットしそう。

https://www.instagram.com/takizawakarenofficial/

JJ9月号の表紙はあなたの一票で決まる!『女らしい滝沢カレンVS カッコいい滝沢カレン』【終了】

http://star-studio.jp/karen/

滝沢カレンの新しい日本語

文章もかわいい♡

みなさん…. 誰もが認める、2016年12月31日という日になりました それでも世界は不思議なもんで、 どんなに世界的に偉い人が「いっせーのせで2017年にしようよ」と言うもんであれば上手くはいかず、、 各々、国特有のズレをどこかしこも持ちながら、そんなズレをあたかも感じさせない、2017年の幕開けなのです⚡️✨ わたしは楽観的にこんなことを考えて不思議な気持ちになるという感情の繰り返しでいま、 ここにいます この独特のズレを誰しもが口を挟まず、 わたしたちは日本が生み出した時間を良い意味で鵜呑みにしては、明日への期待を秘めているんですか❓ 「おいおい、発明家じゃあるまいし何が言いたいんだ」というのであれば、、 2016年みなさまと同じ感覚で公平に頂いた、 時間をここぞとばかりに有効活用することができました☺️ なんの言い残しもなく、 なんの名残惜しさもなく、 なんの感情もなく、、 ただただ見つめる先には、 だだっ広く広がる光の波が見えます ここまで言うのだったら、 24年間生きていて一番、夢に積極的に向き合えた年であり、それは何を隠そう、毎年毎年更新していきたいです みなさまにとっても、 すさまじい年であったと願いつつ、 2017年のあの重く分厚い扉をいま、 こじあけません❓ みなさま、 もし世界的に偉すぎる人が「はい、実は今日は2023年6月21日でしたー」なんてバラまかされたらどう思うのですか❓ 一体、誰が信じるであろうか。。 わたしはそんな事をただひたすら考えて、 2016年はひっそりわたしの心の金庫に閉じ込め予定です✨ ようは、小さいことは気にするな という話ですね☺️ それではみなさん、 良いお年をお迎えください #2016年おつかれさまでした #数字はなぜ増えていくのか #謎は生きてる分だけ増えるばかり #答えなんて知ってしまったらつまらないじゃないか

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)が投稿した写真 –

言葉の選択肢がすごい!

絶大なる、みなさま‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍‍ 今日は何を言いに来たのかと言うのなら… インスタを見たり開いたりしていることを繰り返していた所なんと人数が「10万人」超え。 という数字が叩き出されていましたーー これぞ、正真正銘のびっくりこきまろ状態でして本当に新年早々驚かされていただけました 本当に本当に、ありがとうございます こんな2017年始まって以来、早々と幸せをみなさまに送られていただいたのなら、あと約362日を散々使ってみなさまに恩返ししていきたいという、壮大すぎる事を考えてしまいました わたしの伝えたい事、みなさまの伝えたい事をここで存分に、交わりながら時には反り合いながら、流れ回っていたことがわたしたちの、繋がりであり嬉しみに繋がれたとおもいますっ↔️ いつも日記のように、長ったらしく書いてしまうわたしであり、みなさまの貴重な時間をぶんどってしまってるであろうに、最後まで読んでいただけ、みなさまの熱すぎるコメントを上から下まで全て読む✨というのが丸々トータルが、わたしのインスタグラムという一つの主法なんです 流行りにノるということは、 誰もが当たり前にやっていても素晴らしいことで、2017年に突っ切抜けたいと思うわたしはよくぞインスタを始めてよかったなと改めて感じました 本当にありがとうございます これからも、自分らの感情をたくさん豊かに出して、楽しすぎる感情、不思議な感情、思いもよらぬ感情、を見つけていきましょう☺️‍ #記念投稿 #なんだと言うなら #10万人超のみなさまへの #嬉しみ感謝の文 #めでたい植物と共に

滝沢カレン/karen takizawaさん(@takizawakarenofficial)が投稿した写真 –

スポンサーリンク