389 Views

「Kelvin」ケルビン、英国発ワインの飲み頃の温度がわかるIoTデバイス

スポンサーリンク

長年の飲み仲間の、佐藤リッチマンさんから、ワインのIoTガジェットのパーティーにお誘いいただいた。

ケルビンは、英国生まれのブルートゥースでワインの適温をスマホにお知らせするデバイス&アプリ。

スマートワインモニター 「Kelvin」ケルビン

裏面のセンサーがボトルに密着し、ワインの温度を正確に、スキャンし、適温になればアラートしてくれる。
冷蔵庫に入れて5分。クールポリマーがボトルの温度を教えてくれる。

ワインデータベースからワインの「絶対適温値」を見つけ、そのお知らせで飲み頃がわかるしくみだ。


ワインが適温になるまで待ってパーティー準備

今までなら、だいたい冷えたら…の感覚だけでワインを空けていた…。
今回のケルビンのワインパーティーは、料理をつまみながら、ワインの温度待ちというはじめての体験。

シャルドネ12.7度で飲み頃に!

シャルドネはキリッと冷えた温度で、といっても冷やしすぎてもだめ!
適温でアラートは、なんだかとっても嬉しい!
冷蔵庫でワインが飲み頃ですよ!とスマホ経由で語りかけてくれる。ワインの気持ちが少しわかった気がする。赤から緑に変わって、飲み頃を教えてくれる!

佐藤リッチマンさんから、適温でないシャルドネと適温のシャルドネの飲み比べにチャレンジしてみた。

生ぬるいシャルドネは、せっかくの樽の香りが台無しに、キリッとすこし冷えた12.7度シャルドネは香りが本当に良い感じで堪能できた。

ボクが実際にいつも飲んでいるワインは冷やしすぎていたこともよくわかった。そうワインクーラーに氷を入れてワインを飲んでるといつも、冷やしすぎてしまうからだ。

ケルビンがあると、ワインの最初の一杯だけでなく、いつでも最適な温度がわかるから、こだわりを持ってワインに接することができる。

今まで、葡萄の品種、産地、年代にこだわる人が多くても、ここまで厳密に温度にこだわる人はソムリエさんくらいだっただろう。ソムリエさんのベストなサービスによって美味しいワインが提供されていた。

それが、これからは、個人がワインの適温を管理できるようになる。今後は、設定温度のまま維持してくれる小型のワインクーラーも欲しくなる。

 

赤ワインも室温ではなく適温で!

スペインの赤、ディエゴ デ アルマグロ レセルバは18度で乾杯!

赤ワインは室温で…とよく言われるが絶対に少し冷やしたほうが美味しい。アルマグロの適温は18度だった。…といっても、それを測る機械も、そして機会もなかっただけに嬉しい。棒温度計をボトルに差し込んで科学の実験モードでワインを飲むのも気がひける。

ケルビンが教えてくれた事

ケルビンによって、ワインの温度がとても、気になるようになった。同じワインがおいしくもおいしくなくなるのも温度が深く関わっているからだ。いくら、ケルビンで温度を図っていても、開栓して、空気と触れ合うことによってワインは酸化していく。最初の一杯目と最後の一杯のワインでは、温度も酸化も違う。せめて、温度だけでも、最後まで適温を維持できる術をこのケルビンは教えてくれる。

また、築地のすし教室で学んだことだが、シャリの握りの空気の含有量を知ってからは、寿司屋でも握り方まで注文するイヤな客になっている。いや、自分の好みの空気の含有具合を職人さんに伝えるのは、客人としての権利だと思う。それも自分で寿司を握ったからこそわかるウンチクだ。

そう、このケルビンによって、自分が一番美味しく思える温度を、ケルビンの参考値から探すという新たなワインのウンチクができた。

あくまでも、最適の温度を決定するのはケルビンではなく、あなただ。ケルビンのオススメ温度から、自分は何度、上げにするとか下げるというのは、音楽でいうところの自分のキーを持つのとも似ているかも知れない。

何も知らないで飲むよりも、自分の適温を知って飲むのでは大違いだ。きっとソムリエスクールで勉強する人たちは必携のツールになりそうだ。適温でないワインを飲んで、ワインをアナライズするなんて、とんでもなく原始的なテイスティングだからだ。

資料をよく読むと、ケルビンには法人向けの割引きプランもあるようだ(笑)

クラウドファンディング申し込み受け付け中

間もなく、終了のクラウドファンディング急げ!

https://www.makuake.com/project/kelvin/

手作りのおいしい料理と共に…。

美腸プランナー TAKAEさんの手作り トマト&青しそ、クリームチーズのオリーブオイル・バケット

モデルで美腸プランナーの TAKAEさん
料理とてもおいしゅうございました♡
http://ameblo.jp/takaeblog/

やはり、ワインはおいしい料理と楽しい仲間で!そして、最適な温度で楽しみたくなりました!
女性にもケルビンをつけていただき、口説くタイミングがわかればさらにうれしいぞ!

スポンサーリンク