43 Views

「引っ越し難民」大量発生 混雑予想カレンダー

これだけ、この時期に、引っ越しのトラックの需要が高まると、そりゃ引っ越しできない人が発生してもおかしくないだろう…。
引っ越し時期を、前倒しにすることや、ずらすなどの措置が必要だ。

むしろ、引っ越しの空いている時期は、不動産も空いている可能性が高い。

❏人手不足で、業者が運転手や作業員を確保できず、依頼に対応できないケースが相次いでおり、繁忙期の3月下旬から4月上旬には転居できない「引っ越し難民」が出る恐れがある。利用者から悲鳴が上がる一方、業者側は「分散引っ越し」を呼びかけている。

❏混乱の背景には業界の深刻な人手不足がある。雇用環境が安定する中、年々、長時間労働で低賃金のイメージがある運送業は敬遠されがちになっている。例年、年間の引っ越し件数の3分の1が3月下旬から4月上旬に集中するとされるが、今春にとうとう人手不足が顕在化した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180303-00000078-mai-bus_all

引っ越しピーク

全日本トラック協会

ピーク 3月24日〜4月8日(2018年)

http://www.jta.or.jp/yuso/hikkoshi/spring2018/hikkoshi_hanbouki_2018.html

家探しと引っ越し時期

引っ越しピーク 3月 4月 9月 10月
逆に不動産ピークは、2月3月 8月9月
ピークを避けて住居を探し、ピーク前に引っ越し。

12月、1月に家さがし、1月に引っ越し。
6月、7月に家さがし、8月に引っ越し。

引っ越しサイト 4割が利用し、うち6割が面倒…


株式会社アップルが、2018年引越しシーズンの展望を発表。人材不足が招く、料金高騰による引越し難民化を懸念し、アドバイス。
見積もり比較サイト利用が進む一方、利用が面倒に思う生活者が多数。引越し料金高騰による引越し難民化の恐れ
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000018.000021510.html

年間ピークの異常値

引っ越しするなら、3月〜4月を避け、1〜24日の平日をねらう

http://rakunicos.apple-hikkoshi.net/archives/550?_ga=2.48424230.1827525631.1520074953-1372426786.1520074953

この記事に関連する記事