沖縄県名護市での分譲マンションの運用

名護の魅力は、日本であって、日本ではない海外に住んでいるかのような暮らし。

沖縄のやんばる特有のおだやかな人の気質は住んでみなければわからない。

観光よりも、一ヶ月以上のロングステイをおすすめしたい。

理想は年のうちの3ヶ月は『やんばる』で暮らすというライフスタイル。

123月の冬は、観光客もオフシーズンだが、内地よりもかなり温かい冬。花粉も少ない。

456月 789月 10 11 12月
夏場は人気があるので、この間を賃貸で貸すというのがあり。

3か月くらいのスパンであれば、借りたい人も多い。

沖縄の大敵は、留守時のカビ対策だ。湿度が高いので、人が住んでいない家はすぐにカビが発生する。

賃貸があったとしても、クルマがないと困る。クルマも一緒にレンタルできる方法が良い。
中古で4年経過以上であれば経費でも処理しやすい。
26歳以上であれば全員をカバーできる保険もある。

しかし、分譲マンションもなかなか中古がでにくい状態。

ほとんどが新築で購入し所有しつづけ、流動しずらい状態。

国内の少子化と関係なく、沖縄では若年層の世代が多いからだ。特にファミリー層で多い。

中には 20代で50年間ローンというツワモノがたくさんいる…。投資物件でないから、中古マンションの流動性が極めて低い…。

ビーチ近くの眺望の良いところは、投資物件としてはありだが、かなり割高だ。

名護市内であればクルマさえあればどこでも行ける。日当たりさえよければ問題ないと考えられる。

3か月単位でマンションを貸せる方はぜひ、下記のLINEのフォームで連絡をいただきたい。

 

 

この記事に関連する記事