1,081 Views

アップル新製品、現金と財布を過去の遺産に

大ニュースは決済サービス「アップル・ペイ」の登場だ。アップルの素晴らしい技術である指紋スキャナーはこれまで、常に使い道を求めているようにみえた。そして旅客機の搭乗券やクーポンを保存できるアプリ「アップル・パスブック」も肩身の狭い思いをしてきた。しかしこの2つが組み合わされば、2プラス2が4以上の効果を生むだろう。

ユーザーは空港ターミナルでスマホをタップし、指紋スキャナーで本人確認ができる。クレジットカードはパスブックに保存されることになるが、店員はカード番号を見る代わりに決済番号とダイナミック・セキュリティー・コードを受け取るだけで済むようになる。窃盗犯によるカードの盗用が難しくなり、磁気ストライプがコピーされるのも防げるだろう。

引用元: コラム:アップル新製品、現金と財布を過去の遺産に | Reuters.

アップルはほとんど付け足しのように、アップル・ウォッチをスターウッド・ホテルの鍵として使えることに言及した。これは現金と財布を過去の遺産にするというアップルの野望にぴったり当てはまる。アップルの機器にさらに多くの鍵や運転免許証、健康保険証その他を詰め込みつつ、セキュリティーも確保する技術を開発すれば、顧客の心をつかむ上で確実かつ収益性の高い方法となるのは間違いなさそうだ。

この記事に関連する記事