369 Views

次の中でナチスドイツがやったことは…?すべてやっていました!放送大学

スポンサーリンク

ナチス・ドイツ、【1】さえやらなければ良かったのに…。

他にもナチス・ドイツがやり始めたこと…社会システムとしては、良いこと多いじゃないか?!

ちょっと、興味がわきました! さすが放送大学!たまたま、間違ってチャンネルを見ただけだったけど目からウロコ!

□国民皆保険制度 ナチスドイツ

□源泉徴収制度

□扶養者控除

□財形貯蓄

□コンサート技術 15万人ドームホールと40万人スタジアム

□アウトバーン

□オリンピック聖火リレー

□テレビ放送

□公衆テレビ電話

□ラジオ放送

□アルミニウム合金

□ミサイルと宇宙開発

□エニグマ暗号機

□合成ゴム

□ヘリコプター

□ナノテクノロジー

□リニアモーターカー

□フォルクスワーゲン

□ナチスのパック旅行 娯楽福祉団体

□党大会というテーマパーク

□アスベスト対策

□合成着色料の禁止

□自然農法

□エリート学校

□ヨーロッパ共通通貨

□エスタンジア

https://ja.wikipedia.org/wiki/ナチス・ドイツ

アメリカ企業とナチスドイツ
ナチスとアメリカ企業の協力関係
□「スタンダード石油」と「I・G・ファルベン社」
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc200.html

もしもドイツが第二次世界大戦で勝利していたら…「高い城の男」

The Man in the High Castle
高い城の男 フィリップ・K・ディック
第二次世界大戦が枢軸国の勝利に終わり、大日本帝国とナチス・ドイツによって分割占領されている旧アメリカ合衆国領を舞台にした人間群像劇。
1947年、第二次世界大戦は枢軸国の勝利に終わり、アメリカ合衆国は戦勝国であるドイツと日本によって三つの国に分断され、両国の分割統治下に置かれていた。それから15年後の1962年、アメリカ人の間では謎の人物「高い城の男」によって執筆された『イナゴ身重く横たわる』[5]という、「連合国が第二次世界大戦に勝利していたら」という仮想小説が流行していた。『イナゴ身重く横たわる』はドイツが支配するアメリカ合衆国およびヨーロッパでは発禁本に指定され、「高い城の男」は保安警察に命を狙われていた。
https://ja.wikipedia.org/wiki/高い城の男

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク