OBAMAと一緒にディナーができる権利


これはなかなかすごいアイデア
https://donate.barackobama.com/page/contribute/dinner1?source=invite_DWB2

ドネーション(寄付)の金額によって、ディナーを囲める。いったい何人でディナーを食べているのだろうか?

寝る時間以外は、すべてコミュニケーションの時間に向けられているというくらいすさまじい。

このサイトへは、メールマガジン→TwitterRSSニュースサイトを経てたどり着いた。この導かれ方も、Web2.0時代の選挙である。

おそらく一緒にディナーした人の映像は、またYouTubeなどで共有されて、今度はそれが、ブログに紹介されて、それがソーシャルブックマーク化されたりすることを狙っているのだろう。

OBAMA陣営のITを担っているPR会社は一体どこなんだ?スゴスギ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。