//afbアフィリエイト  

「ターミネーターAI兵器」にマスク、ウォズ、チョムスキーらが反対署名

誰を攻撃するかを人間でなく機械が判断する。世界各国の政府に対し、こうした自律型兵器の開発を禁止して、「軍事AI兵器競争」を防ぐよう求める公開状に、科学技術分野における膨大な数の著名人たちが署名している。この公開状は、ブエノスアイレスで2015年7月25日から31日まで開催中の「国際人工知能会議(IJCAI)」で、7月28日(現地時間)に公開される予定だ。署名欄には、数多くの人工知能(AI)やロボット工学の研究者が名を連ねている。スティーヴン・ホーキング、イーロン・マスク、ノーム・チョムスキー、ウォズことスティーヴ・ウォズニアックらだ。この公開状は、IJCAIの席で、「Future of Life Institute(FLI)」という研究所が提出することになっている。この研究所には、マスク氏が2015年1月に1,000万ドルを寄付(日本語版記事)して話題になった。

情報源: 「AI兵器」にイーロン・マスク、ウォズ、チョムスキーらが反対署名 « WIRED.jp

AI兵器に対しての反対署名をしている。
なんだか、「ターミネーター」のような未来の世界と笑う人も多いかもしれないが、テクノロジーを理解している人であればあるほど、その怖さも理解している。

Pepperにもディープラーニングという自立学習型のプログラムやアルゴリズムがIBMの「ワトソン」ベースで学習していく。これはカスタマイズだけでなく、カスタマイズされて進化していくのだ。

これからのAIやロボットに必要なのは、進化だけではなく、倫理や規律が、必要である。アシモフのロボット三原則が真剣に議論される時期に到達している。

「ドローン」の急速な進化はラジコン技術ではない。
「スマホ」と「アクションカメラ」が「ラジコン」と融合することによって、急速に進化したのだ。

現在のロボットが、「パソコン・スマホ」「ルンバ掃除機」「ファクトリーオートメーション」「自動運転カー」もういくつかの軸が融合することによって、急速な変化を及ぼすことは明確だ。

そろそろ、真剣に議論するにはもう遅すぎるのかもしれない。
だから、ターミネーターが時空を超えてタイムトリップしてくるのだ。

jibo
https://www.youtube.com/watch?t=47&v=3N1Q8oFpX1Y
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/39927

her

この記事に関連する記事