765 Views

「ご冥福をお祈りします」は、本当はいけないという話

「ご冥福をお祈りします」とついつい言ってしまうが、実は「冥福」という宗教用語からすると、間違った使い方だと指摘をいただいた。 こちらで使っていて指摘をいただいた → 人身事故という名のテロ行為

仏教や浄土真宗では「冥福」行き を祈るものではないようだ。

「ご冥福」とは、「冥土・冥途」で幸福になる意味であり、仏教には冥土が存在しない。

そもそも、冥土・冥途とは、死者の霊魂が行く、暗黒の世界であり、そこで、幸せになることを祈られても困るという意味あいだからだ。

浄土真宗では、誰もが亡くなられたら、極楽浄土に行けるので、お祈りをする必要すらないそうだ。

なので、使い方として、無難で正しいのは、

「心より追悼の意を表します」だそうだ。もしくは、「お悔やみ申し上げます」だ。

ただ、どうしても、ご冥福を…と言ってしまう。なぜだろうか?

 

それは、ご冥福の場合は、◯◯さんの「ご冥福」を祈ることができるからだ。

心より追悼の意は、あくまでも、自分の意思である。お悔やみ申し上げるのも自分の意思であり、なくなった方へ捧げられたりするものでないから、なんとなく自分の心情にしっくりとこない。

 

「心より、◯◯さんに対しまして、追悼の意をお祈り申し上げる…」 と余計にもどおかしい…。

でも、今回は、何か、本当に心からお祈りしたいキモチで一杯だ。

亡くなられた方々の、◯◯を心より、お祈りしたい。

いい◯◯を教えていただきたい。