651 Views

<セグウェイ>公道で走らせた男性に罰金50万円

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040410-00000114-mai-soci

ボクはいま、裁判所からの通知を首をながーくして待ち続けているのに、先にyahoo Newsから知らされるなんて、一体日本ってどういう放置国家なんでしょうか?

とりあえず、世田谷区でなくて、渋谷区に移転しましたので、今後メディアの報道の際には、渋谷区の経営者でお願いします。決して輸入販売業でもなければ、イベント会社でもありません。報道する際には、裏トリを行ってからやるべきですよね。

イラクネタと重なってしまったので、今回は全く話題になりませんが、まあ、来週以降にいろいろと雑誌系メディアで紹介されると思います。50万円の罰金であれば、未だに拉致されたままのセグウェイ2台分の半年分のレンタル料金で10倍の金額を国家警察を相手に請求だけでもして戦うのもありかと思います。

警察の方にお願いです。 押収していった資料の中に、会社の登記簿謄本の原本があるのですが、会社の移転の届け出ができないので、できれば返してください。これ以上、法律を犯したくないとおもいますので、よろしくお願いいたします。

<セグウェイ>公道で走らせた男性に罰金50万円

 ブレーキなどの装置がない電動スクーター「セグウェイ」を公道で走らせたとして、道路交通法違反(整備不良)などに問われた東京都世田谷区の会社社長の男性(42)に対し、東京簡裁は8日付で求刑通り罰金50万円の略式命令を出した。セグウェイの運転をめぐり有罪とした司法判断は初めて。

 略式命令によると、男性は昨年7月、渋谷区の通称「竹下通り」で、基準に適合したブレーキやナンバーを付けずにセグウェイ2台を女性2人に運転させるなどした。

 東京区検はセグウェイについて、出力0.9キロワット以上1キロワット未満で、道交法の普通自動二輪車(0.6キロワット超1キロワット以下)に当たると判断。先月、男性を略式起訴し、運転した女性2人を起訴猶予にしていた。

 セグウェイは立ち乗り型の充電式二輪スクーター。運転者が体を前に傾けると重力センサーが反応して前進し、後ろに傾けると後退する。01年に米国の発明家が考案し、02年ごろから日本に輸入されるようになった。【篠田航一】(毎日新聞)