318 Views

動画広告の手法

YouTubeなどの動画にどのように広告を挿入するのか?
Gyaoのように、事前に広告を挿入し、さらに飛ばすこともできないというサービスはユーザーは決して望んでいない。また、見終わった後に、リスティング広告というのもちょっとインパクトにかける。
やはり、画面のヨコに動画の進行と共に、表示されるというリスティング広告が一番望ましいと考えている。
CNETにも同様の記事があった。バナー広告よりもクリックスルー率が3から4倍高いというのが興味ぶかい。

eMarketerによると、米国におけるオンライン映像に対する支出は2006年の3億8500万ドルから2007年には6億5000万ドルに、そして2008年には11億ドルに伸びると予想されている。
 広告代理店Universal McCannのシニアバイスプレジデントを務めるBrian Monahan氏は、Googleは映像の前に流される広告に目を向けることになると予想している。同氏によると、これは広告主にとって、テレビ広告と比べても倍の費用がかかるという。
 「誰かが映像コンテンツを1本リクエストしたとする。その場合、その人の全神経は映像に集中する」とMonahan氏は言う。「ただ、人間は複数のことを同時にできる。映像を見続けることもできるが、もし広告に興味をそそられれば、横にある(ディスプレイ)広告をクリックする可能性もある」(Monahan氏)。このような広告は、映像広告を伴うために、シンプルなバナー広告と比べるとクリックスルー率が3~4倍高い。
MTVが与えるヒント–グーグル-ユーチューブのビジネスモデル – CNET Japan

  generated by feedpath