3,116 Views

楽天カードから『親展』『返送期限』付きで届くチューリッヒ障害保険のDM

スポンサーリンク

楽天カードからなにやら、返送期限付きのお手紙がやってきた。
しかも…親展だ。

親展とは…。

親展扱いとなる手紙としては、宛名本人のプライバシーに関わる書面(請求書や督促状)や、査定や評価を行う際の資料となる調査書などが挙げられる。
親展とされる手紙は普通、宛名本人以外の者に読まれないよう、中が透けて見えない封筒などに入れて厳封され、「親展」の外脇付が明示される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/親展

 

送付主は楽天カード株式会社からだ。

なにか重要なものかと思い、開封する…。

なんと、チューリッヒ保険の

「楽天カード フリーケア・プログラム」のご案内だ…。

こういうことを、ずっと、やっているから、楽天の封筒を開けるのがめんどうくさくなる…。

普通、クレジットカード会社から、届く親展での返送期限の封書をそのまま、DMと思って捨てる人はほぼ皆無だろう…。
それくらい重要なものが、差出人が、楽天カード株式会社からやってきた!

何だと思う? 答えは単なるDMなのだ…。

1日に数分しか有効に使えない、事務作業の時間を無断で奪われる苛立ち。普通のDMならば、そのまま読まずにマンションのゴミ箱に捨ててしまえるのに…。部屋に持ち帰り、事務作業ボックスにいれて処理する案件になってしまう封筒…。たかがDMの封筒なのに、わざわざ返送期限まで、窓付きで…。楽天カードせこすぎる!顧客を騙して開封させるにもほどがあるぞ…!

 

一応、どこでだまされるのかをチェックする…。

無料の『楽天カードフリーケアプラン』に申し込むと5日以上の交通事故の入院ではじめて、補償が発生するという。
そうやって、リストを集めることが重要なんだけど、どこにワナがひそんでいるのかを読み始めたら…だんだんと気が遠くなってしまった…。文字の羅列にだんだんと興味を失う…。

そこまで、読むのが面倒くさいから、そもそも、なんだかお得だと思ってなんでも登録してしまうことが、個人情報漏えいの一番リスクが高い。

そもそも、わざわざ、『親展』で『契約先』を明記しないで伏せたまま、『DM』を送りつけるという組織の体質そのものがいかがわしい…。

利用規約はこうなっている…。

楽天カード 利用規約より

第7条(付帯サービス等)
1.会員は、当社又は当社が提携する業務委託先(以下「サービス提携先」といいます。)が提供するカード付帯サービス及び特典(以下「付帯サービス」といいます。)を利用することができるものとします。

2.付帯サービスの利用等に関する規定等がある場合、会員は、それに従うものとし、付帯サービスの利用ができない場合があることを予め承諾するものとします。

3.会員は、当社又はサービス提携先が必要と認めた場合、その付帯サービスの提供を中止又は内容を変更することがあることを予め承諾するものとします。

http://www.rakuten-card.co.jp/agreement/card_member/

サービス提携先が提供するカード付帯サービス及び特典を利用することができる…とあるが、
利用するもしないも、『サービス提携先』の名前で送付してくるべきだと思う。

 

『親展』や『返送期限』などの紛らわしい不当表示はやめてほしい…。

本当に迷惑だ…。

 

内容確認するのが面倒くさいので、ダイレクトメールの受け取り拒否を行うことにした。

一度やってしまえば、こんな無意味な時間に自分の人生かかわらなくてすむからだ。

 

楽天ダイレクトメールの受け取り拒否は…

楽天カードコンタクトセンター 0570-66-6910 9:30−17:30
この番号にかけると…22.5秒ごとに10円(1126ドル)かかるナビダイヤル…なんともイヤな会社だ…。
PHS用の番号 092−474−6287
こちらはナビダイヤルではなかった…。
こちらで、名前と電話番号を告げると、あっという間に、DMの拒否が受け付けられた。
こうやって、オプトアウトしていくことが面倒くさいんだけど…。

 

内容に関しては、Googleで検索するといろいろと登場する。なるほどね。
悪意があるのは、開封させるところまでなんだ。
ボクのようにこれがきっかけで、楽天カードのDMを拒否をする人もいることを知っておいて欲しい。

 

「無料で保険に入れます」という案内、信用して大丈夫?
http://michishirube87.com/ins_free/

「楽天ミニ保険 ガンプラン」に申し込んで1年が経ちました」

「楽天ミニ保険 ガンプラン」に加入して1年経つとこうなる

「楽天カードから送られてくるフリーケアプログラム本当にお得なのか?損はないのか?そのカラクリとは?」
http://www.tayutae.com/rakuten-card-freecare-program/

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク