民主党が名前を変えても解党しない100億円の政党交付金の理由

Toshiaki Kanda 2016年02月25日 木曜日
0 people like this post


http://www.asahi.com/articles/DA3S12224322.html

民主党が名前を変えて解党しない100億円の政党交付金の理由

なんとも、野党が集まって、選挙工作を練っている。
まるで『烏合の衆』ならぬ、『野合の衆』といえる様相だ。

野党が、1人区で対立しないための、工作だ。
それって、有権者を馬鹿にしてませんか? 
与党に勝つために、調整するなんて、政治家の世界に出家していく人たちの発想ではない。
あくまでも俗世間から出家して、税を使って奉仕する人の世界なんだから、俗世間の力学に振る舞わされてはダメ!

「政権奪取」とかの威勢の良い掛け声の言葉はきこえるけれども、それがゴールになっている掛け声だ。
政権奪取アフターのことを語らないとなんにも意味がない。

しかも、民主党と維新の党が融合するという。これも何のために、融合する意味を説明しないと意味がない。
与党に対抗する為とかは、政策でもイデオロギーでもなんでもない。単なる勢力争いのおままごと。

すべては選挙対策にしかなっていない。

ま、こんなことは、ブログでいくら書いても影響力ないのかもしれないけれども、せめて、「民主党」の名前を変えて融合するならば、政党交付金もいちど、返金でもしたら、選挙サムライとしての矜持を持っていると思う。

それでなく、政党交付金をもらいつつとするならば、せめて企業献金は受け取らないという潔さも見せてほしいと思う。
何のために、政党交付金を創ったと思っているんだ?


2016年の政党交付金は約320億円になるということです。政党交付金は、直近の国勢調査(2010年)の人口に250円をかけて算出するということです。国会議員の数は、717人ですから、一人当たり約4,460万円
http://blog.goo.ne.jp/windy-3745-0358/e/15fd59baea9f892653b12ac940404f55

ネットギークのこの記事が話題に…

この為に党員を1人残して、まんまと政党交付金を維持するというロンダリング…。
その党員が、すベてを持ち逃げみたいな、映画みたいなストーリーあると面白そう。

それでなくても、個人献金、企業献金、政党交付金と「持ち逃げ」以上の3重取りしている時点で映画になってもおかしくない国なんだけど。

民主党が解党しないで1人だけ残して新党をつくるのは100億円の政党交付金の返還義務を回避するため

http://netgeek.biz/archives/66660

なかなか視点がユニークで参考になる!この政党交付金の行方の視点はなかった。

この記事に関連する記事

Category: politics
  • 0
  • 322
Toshiaki Kanda