26 Views

島国の日本はかつての大英帝国イギリスの島国根性を見習うべきである

スポンサーリンク

クアラルンプールのmingle hostel滞在も、早や3週間目。連日このホステルのルーフトップのプライベートルームから、世界の若者といろんな話を英語でしている。

イギリス人のレベッカちゃんは、インド人パパと英国人ママ、リビアちゃんは、ニューヨーカーのアメリカ人だけど、パパはレバノン人で、ママは4カ国以上混ざってオリジンはわからないという。

考えてみたら…、日本人だけが、せまい国内で2000年間も日本人同志で、バコバコ…のジェスチャーを見せたら、バカウケ!
私たちは世界中でバコバコしていると返してくる(笑)。

そうだよなぁ…と、ふと、彼らと飲んでいて気付かされる。彼らの考えているナショナリティーとは国の違いであり、人種のナショナリティーとは別物。しかし、我ら日本人は、2000余年もずっとその人種と国が同一性である。アジアに侵略したほんの数年だけだ。もはやそれが記憶にある人のほうが少ない。

中国、韓国、日本、同胞同志の国のほうが、圧倒的に閉鎖的になりがち。中国はどの国にもチャイナタウンを作り、海外にわたり経済的に自分たちの特区を作りだす。イギリスの植民地化とは違う方法で。韓国も自国が小さいから英語教育がさかんで競争が日本以上に激しい。

そして、ヨーロッパ諸国、アジア諸国、は陸続きだけれども、日本は努力しないと、外国と交流しにくい。そういう点では違った意味でロシアも独自だ。

イギリスも島国だけれども、積極的に植民地化し、それを成功し続けた事や、産業革命で農地にしばられなくなった事、奴隷を売買した事など、いろんな点で日本とは違う。だからこそ、EUからの離脱がこれだけ問題となる。それだけ、島国なのに、大英帝国は、世界中をコロニアル化してきた。

ASEAN諸国=発展途上国なんだけれども、シンガポール、マレーシア、タイなど、とてつもない発展をとげている。マレーシアの高級コンドミニアムは、今も、ずっと建築ラッシュだ。日本人がうらやむような高級コンドミニアムが、東京のワンルームと同等だ。プールやジムやインターネットは当たり前。生活環境は物価が1/3で、住宅環境は10倍だ。

日本のGDPの半分、しかし、7億人がささえるASEAN市場

そして、ASEAN加盟の10カ国全体をあわせても、日本のGDPの半分の2.4兆ドル(261兆7679億9999万9999円)だが、6.2億人の人口を抱え、EU全体の5億人を超えた。2030年には7億人となる。

この発展途上国らは、戦後の昭和に突然、インターネットとスマートフォンが振り降りた状態にかなり近い。あの戦後の成長に、スマホを持って成長しているのだ。これはかなり刺激的な成長だ。

いろんな世界との交流がさかんである。そしてここ、マレーシアは多民族、多宗教の人種のるつぼ。多様性こそ、大事で、あらゆる価値観が存在する。日本のような相互監視のような窮屈感は全く感じない。

日本の国策が遅れれば遅れるほど、若者のいない老人だらけの日本語による参入障壁で超閉鎖国家時代が生まれることになるだろう。

ASEANの成長にどうやって日本が関わるべきか…?それは、アジアに外国意識をなくすことだ。日本人の赤いパスポートは、旅行するだけのものではない。世界へ行き来するためのツールであり、信頼性も担保されている。あとは、自分たちで首を締めている英語への苦手イメージの克服だ。

東京から、英語が普及している、大阪へ飛行機で行く感覚にならないといけない。それくらい、英語が普通なのだ。

まずは、若いうちに世界に飛び出し、かつてのイギリスのように狭い自国ではなく、世界を見たようにアジア圏を大きな市場として見るべきだ。

そういう意味では、2020年がいろんな意味でキーポイントだ。日本の中ではオリンピックがひとつの目標だが、アジアの中では、次がどこでオリンピック開催かなんて知りもしない。日本と伝えれば、「あ、そう…」。なのである。それだけのことだ。たかだか数週間で終わるイベントだ。

むしろ、日本がどうあるべきか、我々ひとりひとりが、国や政党にまかせるのではなく、考えておくべきなのである。
幸い、アジアはまだ物価が安いから、今のうちに手を打っておくべきだと思う。

アジアで感じる日本人の為のビジネスチャンスをこれからも提供していきたいと思う。

My stay in mingle hostel in Kuala Lumpur is also early and third week. From the private room of the roof top of this hostel every day, I am speaking English with young people all over the world.

British Rebecca, Indian Papa and British mama Libya are Americans of New Yorkers, but Daddy is Lebanese, Mama is mixed with more than four countries and he does not know Origins.

Think about it …, only Japanese people showed gestures of Japanese comrades, Bakobako … for 2000 years in domestic domestic, bakayake!
We will return as having been basking around the world (laugh).

That’s right … …, suddenly they are drinking with them and noticed. The nationalities they are thinking are the differences between the countries, which is different from race nationalities. However, our Japanese have the same race and country for over two thousand years. It is only a few years ago to Asia. There are fewer people who have it in memory anymore.

The countries of China, Korea, Japan and their compatriots tend to be overwhelmingly closed. China will make Chinatown in every country and make their special zone economically overseas. In a way different from British colonization. Because Korea is small in its home country, English education is compelling and the competition is intense compared to Japan.

And although European countries and Asian countries are landslide, Japan must make efforts and it is difficult to interact with foreign countries. Russia is unique on that point in a different way.

Britain is also an island country, but it is different from Japan in many ways, such as actively colonization, continuing to succeed, being unable to be bound by farmland due to industrial revolution, buying and selling slaves. That is why the withdrawal from the EU is a problem. Even though it is only an island country, the British Empire has colonialized all over the world.

ASEAN countries = developing countries, but they have made tremendous progress such as Singapore, Malaysia and Thailand. A Malaysian luxury condo is still a building rush all the time. A luxury condo that the Japanese envy is equal to the one room in Tokyo. Pool, gym and internet are commonplace. The price of the living environment is one third and the housing environment is ten times.

Half of Japan’s GDP, but the 700 million ASEAN market

And even though the 10 ASEAN member countries are combined, it is half of the Japanese GDP, 2.4 trillion dollars(261兆7679億9999万9999円) (265 trillion 29.6 billion yen(2億7232万ドル)), but it has a population of 620 million people, exceeding 500 million people in the whole EU. It will be 700 million by 2030.

These developing countries and others are quite close to the situation where the Internet and smart phones descended suddenly in the Showa era after the war. It is growing with a smartphone to that growth after that war. This is quite exciting growth.

Interaction with various worlds is tough. And here, Malaysia is a multi-ethnic, multi-religious melting pot. Diversity is important, there are all values ​​of values. I feel no cramped feeling like mutual surveillance like in Japan.

The longer the Japanese national policy is delayed, the closer to the national era will be born with barriers to entry by Japanese full of young and old people.

How should Japan be involved in the growth of ASEAN …? That is to eliminate foreign consciousness in Asia. Japanese red passport is not just for traveling. It is a tool for getting back and forth to the world, and reliability is guaranteed. After that, it is overcoming the image we are not good at tightening ourselves.

From Tokyo, English has become popular, I have to feel like going to Osaka by airplane. About that, English is normal.

First of all, you should jump out to the world as a young man, not as a narrow country like the UK before, but as you saw the world, you should see the Asian region as a big market.

In that sense, 2020 is a key point in many ways. In Japan, the Olympic Games is one goal, but in Asia, I do not even know where next will be the Olympic Games. If you tell Japan, “Oh, that’s …”. It is. No more than that. It’s an event that ends at most in a few weeks.

Rather, we should think about what Japan should be, not every one of us to leave it to the country or political party.
Fortunately, Asia is still cheap, so I think that I should handle it now.

I would like to continue providing business opportunities for Japanese people who feel in Asia.

スポンサーリンク