952 Views

鈴木敏文会長、表舞台から引退。セブン&アイ原因はあのサードポイント

【追記】 サード・ポイントの指摘が原因だったようだ。

しかし、これで取締役が鈴木会長の案を否認した時点で辞退を表明するというお家騒動が勃発。
とりあえず、セブン&アイの明日の株価にマーケットはどう反応するのか?

米ヘッジファンド運営会社サード・ポイントのダニエル・ローブ氏はセブン&アイ・ホールディングスに対し、次期最高経営責任者(CEO)選びで世襲を避けるよう求めた。鈴木敏文会長兼CEOの子息が後継者の位置につくとの観測に言及している。
  物言う株主として知られるローブ氏は27日付の書簡で、鈴木会長(83)には慢性の健康問題があり、次男の鈴木康弘氏をセブン-イレブン・ジャパン社長、最終的には7&iHD社長に指名しようとしている可能性があると投資家の間で懸念されていると指摘。サード・ポイントはセブン-イレブン・ジャパン社長の井阪隆一氏が最有力候補であるべきだと述べた。
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-03-27/O4PSR46JTSE901

米ファンド、サード・ポイントがセブン&アイホールディングス(7&iHD)(3382.T)の株式を取得し、総合スーパー事業の改善などを要求していることが分かった。複数の関係筋がロイターに述べた。 保有株式は5%未満。取得時期などの詳細は明らかになっていない。
http://jp.reuters.com/article/seven-and-i-idJPKCN0SK2UM20151027

鈴木敏文会長、表舞台から引退か?

セブン&アイ、鈴木会長が退任へ :日本経済新聞

セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者(CEO、83)はグループの全ての役職から退く意向を固めた。7日午後に東京都内で記者会見する。強力なリーダーシップを持つ鈴木氏の退任でセブン&アイは今後、難しいかじ取りが求められることになる。

情報源: セブン&アイ、鈴木会長が退任へ  :日本経済新聞

セブン&アイ・ホールディングス(HD)は7日、取締役会を開き、コンビニエンスストア事業を担うセブン―イレブン・ジャパンの井阪隆一社長(58)を退任させる人事案を否決した。井阪氏は社長職を続ける。井阪氏の退任案は、セブン&アイHDの鈴木敏文会長兼CEO(最高経営責任者)(83)の意向が強く働いたとされる。今後、鈴木氏の求心力が社内で低下する可能性もある。

セブン&アイHDは取締役の人事や報酬などに社外の意見を反映させるため、鈴木氏と村田紀敏社長、社外委員2人による指名・報酬委員会を設けている。関係者によると、セブン&アイHDが先月から今月にかけて開いた委員会では、社外委員が井阪氏の退任に反対の立場を示した。

7日の取締役会には、鈴木氏が社外委員の反対を押し切る形で井阪氏の退任案を提出したが、反対意見が大勢を占めた。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20160407-OYT1T50078.html

この記事に関連する記事