1,096 Views

【少子化】日本の人口、自然減が過去最大。24万4千人の日本人が消える

スポンサーリンク


 


厚生労働省が31日、人口動態統計の年間推計を公表

http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/suikei13/index.html

 

 

これからは、確実に出生数よりも、死亡数が圧倒的に増えてくる。

2013年の出生数は103万1000人となり、前年より約6,000人少ない。子どもを産むことができる年齢の女性が減っているため。一方、死亡数は高齢化の影響で約1万9000人増え、127万5000人の見込みだ。

結果、24万4000人の日本人が消えたこととなる。

 毎年、東京では、墨田区の24万7645人や、山形市の25万4084人が消えていくということと同じ意味を持つ。毎年だから怖い。

統計をとりはじめた1899年(明治32年)以来、出生率は最低。死亡数も戦後で最多となった。

日本の第2次世界大戦による戦死者は230万人なので、なんと、その55%の127万5,000人がたったの一年に亡くなっていることとなる。2年で第二次世界大戦の戦死者と同じ日本人が自然減している。

 母数が違うので(戦後の日本人口8000万人)と1億2000万人では、単純な比較にならないが、2050年の日本は、限りなく戦後の日本に近づく8600万人近くにシュリンクする。そして、14歳以下人口がいなくなり、65歳以上の老人ばかりの高齢化率40%の究極の戦後がやってくるのだ。

これは本当にまずい…。 

現在が2014年。あと2020年まであと6年。2050年まで36年。2060年まで34年。

今日、受精した子供が生まれて成人するまでにあと20年。2035年かかる。彼らが日本を支えるまでには、あと10年で2045年までかかる。

子供が2人以上いる家庭からは、【1】一切の税金を取らない【2】高校までの教育費無料【3】医療費完全無料などの超育児政策を取らないとこの国に将来はないと思う。

少子化で勤労世代がいないので、【4】外国人の移民化なども検討しなければならないし、そのためには、【5】英語を第二公用語とするような準備をしなければ、ますます鎖国化してしまうばかりだ。

現在の経済復興も最重要課題だが、未来へのタネ巻きも今しかない最重要課題だ。

 

 

1 出生数
出生数は 103 万 1000 人、出生率(人口千対)は 8.2 と推計される。
2 死亡数
死亡数は 127 万 5000 人、死亡率(人口千対)は 10.1 と推計される。
なお、主な死因の死亡数は、第1位悪性新生物 36 万 5000 人、第2位心疾患 19 万 7000 人、
第3位肺炎 12 万 4000 人、第4位脳血管疾患 11 万 9000 人と推計される。(次頁参照)
また、死産数は 2 万 4000 胎、死産率(出産千対)は 22.7 と推計される。
3 自然増減数
自然増減数は△24 万 4000 人、自然増減率(人口千対)は△1.9 と推計される。
4 婚姻件数
婚姻件数は 66 万 3000 組、婚姻率(人口千対)は 5.3 と推計される。
5 離婚件数
離婚件数は 23 万 1000 組、離婚率(人口千対)は 1.84 と推計される。




スポンサーリンク



スポンサーリンク

この記事に関連する記事