かしこい廃品回収業者

Toshiaki Kanda 2015年05月22日 金曜日
0 people like this post

古物回収車って、ゆっくりとクルマを走らせ、スピーカーでアナウンスするというのが、一般的。

しかし、ビラをまいて、地域に絞って効率的にまわるならばこのやり方。

アポイントも入らなければ、潜在顧客も、ゆっくりと、廃棄するものも選べる。

電化製品に絞れば、少なくともパーツや、鉱石くらいの価値はある。

同じように、古着や、オークション品の仕入れゼロの方法はありかも。

何月何日何時までに表に出しておくだけは、とても気軽だ。

クルマの査定や、不動産査定など、ポスティングだけで終わらず、ゆるやかな参加を促す手法として、何時ま出に表に出しておいてくださいはありだ!

Category: ビジネス
  • 0
  • 351
Toshiaki Kanda