2,382 Views

『桃の天然水』の呪いが完全にとけた華原朋美さん 誰だって波瀾爆笑

スポンサーリンク

最近の華原朋美さんの復帰など、続々と、『桃の天然水』の販売中止と共に呪いがとけてきたようだ。


『誰だって波瀾爆笑』 2016/05/01 華原朋美さん
元気な姿を見せている。
密着取材で自宅の初公開まで。
http://www.ntv.co.jp/haranbakusho/

あまりにも大きかった社会現象としての自分との葛藤…。2007年引退。閉鎖病棟での3ヶ月にもおよぶ生活をカミングアウト。部屋にドアノブのない生活、薬物依存や、心の闇との闘いを赤裸々に語る。しかし、それをきちんと語れるところまできたことに安堵する。
料理や掃除や当たり前の生活が当たり前にできることをテレビは公開する。

日テレ 朝の帯 PON 月曜日レギュラー


http://www.ntv.co.jp/pon/cast/index.html

twitter

華原朋美、健康的な水着写真をツイート!

吉井怜、“色気がない”発言に「めっちゃあるよ!」とファン “桃の天然水の呪い”からの奇跡の復活には、いまだに称賛の声が
2016年3月31日
http://news.livedoor.com/article/detail/11359190/

JTは、なぜ「桃の天然水」をやめるのか
http://toyokeizai.net/articles/-/59876

2015年(平成27年)2月4日、日本たばこ産業から飲料部門撤退の公式発表がなされ、同年5月25日、サントリー食品インターナショナルはJTから「桃の天然水」「Roots」ブランドを取得する基本合意書を締結したと発表した。 そのため、2015年9月をもって販売を終了した。
https://ja.wikipedia.org/wiki/桃の天然水

ローラにも不幸が…。「桃の天然水」の呪いだったのか?

2015.1.31

ローラ、損賠金など500万円(4万6000ドル)立て替え「恥ずかしい」と父号泣
http://www.sankei.com/entertainments/news/150131/ent1501310013-n1.html

https://www.youtube.com/watch?v=aW9XUPgvocM

https://www.youtube.com/watch?v=isALu4mzRF8

JTの「桃の天然水」のコマーシャル。
このキャラクターになると不幸が訪れるという都市伝説。

ローラ大丈夫? 
彼女がこの呪いを吹き飛ばしてくれることを祈るばかりだ。 
父親の国際指名手配でもう呪いは解けた。
「ヒューヒュー」がNGワードだったのかもしれない。
…だったら大丈夫!

華原朋美
ひゅうひゅうだよ
https://www.youtube.com/watch?v=w_ifvacAcxg

https://www.youtube.com/watch?v=HwyFspBq9UM

浜崎あゆみ 
https://www.youtube.com/watch?v=TfX7PyFMn3k
https://www.youtube.com/watch?v=CxZixogiVrQ

村田洋子 吉井怜 大谷みつほ
https://www.youtube.com/watch?v=XdZYaUna5KA

神戸みゆき

むしろ、最大の桃の天然水の呪いは、JTが飲料製品部門の撤退を決定したことかもしれない。

❏1998年に歌手の華原朋美が出演するTVCMで人気に火が付き、CM内の「ヒューヒュー」という言葉が流行語にもなった「桃の天然水」。発売から20年弱が経過し、店頭で見かけることは少なくなった。しかし、今年の10月以降、店頭からきれいさっぱり消えてなくなるかもしれない。

❏JT(日本たばこ産業)は2015年2月4日、飲料製品の製造販売事業から今年2015年9月末で撤退することを発表した。JTは清涼飲料水「桃の天然水」や缶コーヒー「Roots」といったブランドを有し、清涼飲料業メーカーとしては業界10位に位置する。同社の製造販売事業と自動販売機オペレーター事業をあわせた、飲料事業全体の直近の業績は、売上高が1845億円(16億9740万ドル)、営業利益が21億円(1932万ドル)の赤字だ(2014年3月期)

❏飲料市場全体に占める上位5社の売上高比率は、1995年に61.6%だったが、2014年には同82.5%まで上昇した(飲料総研調べ)。加えて、大手小売業のPB(プライベートブランド)商品の登場もあり、強いブランド力を持たない業界下位メーカーは、小売店に商品を並べることも容易ではない。

❏今回、自販機事業の撤退は見送ったが、「現状通りの営業を続けるか、提携や売却を検討すべきか、さまざまな可能性を検討したい」と大久保副社長は明かす。全国に26.4万台の自販機を持つJTの自販機事業は、飲料メーカーにとって魅力的な買収先。手に入れることで、自社商品の自販機販路を一挙に拡大することができるからだ。

❏JTの場合、自販機事業の中核子会社、ジャパンビバレッジ株式の70%を保有する。ジャパンビバレッジの純資産は約571億円(5億2532万ドル)(2014年3月末時点)。買収額は「700億~800億円(7億3600万ドル)くらいになるのでは」(M&A仲介会社首脳)とも見られている。

❏自販機事業の中核子会社、ジャパンビバレッジホールディングスの直近の業績は、売上高1593億円(14億6556万ドル)、営業黒字28億円(2576万ドル)を確保(2014年3月期)

❏自販機事業の買収に名乗りを上げるメーカーとして、目下有力なのは、現在ジャパンビバレッジの第二位株主、サントリーフーズを傘下に持つ、サントリーだ。サントリー食品インターナショナルの鳥井信宏社長は、2014年12月期の中間決算会見で、「全体の人件費が上がっていることを考えると、オペレーターからすれば、隣同士の自販機を別のトラックで運ぶのはあほらしいですから、一台で運ぶと言ったことが、これから考えられる」と、再編の必要性を示唆した。

http://toyokeizai.net/articles/-/59876

JT
http://shikiho.jp/tk/stock/info/2914

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク