68 Views

2018年孫正義ソフトバンクのゆくえ「10兆の次は100兆」

スポンサーリンク

ソフトバンクのビッグイヤーを分析する


ソフトバンクのビッグイヤーを分析する

UBER株 15%を77億ドル(約8700億円)

ウーバー株全体の15%を77億ドル(約8700億円)で取得

https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL04H5Y_04012018000000/

ソフトバンク孫氏、奇抜で飽くなき投資への情熱-その内実を探る

❏配車アプリを手掛ける中国の滴滴出行の創業者で最高経営責任者(CEO)の程維氏は昨年初め、ソフトバンク・グループの孫正義社長からの資金拠出を断ろうとした。事情に詳しい複数の関係者によると、程氏は滴滴出行が既に100億ドル(約1兆1222億円)を調達したため、孫氏に資金の必要はないと伝えた。孫氏は了承しながらも、恐らく滴滴出行のライバルの1社を直接支援することになると示唆したという。結局、程氏は折れ、テクノロジー企業の資金調達額としては過去最大となる55億ドルを孫氏らから受け入れた。

❏孫氏は昨年(2017年)11月にも同様のやり方で、米ウーバー・テクノロジ-ズに対し、同氏が望む取引が成立しない場合、同業の米リフトを支援することになると公然と通告した。ウーバーも先週、90億ドルの出資を受け入れた。

❏孫氏はこの1年、テクノロジー業界にとって止めようのない力となった。ソフトバンクが計画した1000億ドル(約11兆円)規模の「ビジョン・ファンド」の出資者名簿には米アップルのティム・クックCEOやサウジアラビアの皇太子らが名を連ねた。孫氏は配車アプリをはじめ、半導体製造装置、シェアオフィス運営、人工衛星製造、ロボット工学、屋内植物工場などの企業の株式を取得した。

❏「1分当たり10億ドル」 「45分で450億ドル」と語った。「1分当たり10億ドル」だ。
ディールメーキング熱は2016年9月に始まった。サウジアラビアのムハンマド・ビン・サルマン皇太子は同国の石油依存からの多様化を模索するため東京に飛んだ。テクノロジー関連ベンチャーに投資する史上最大規模のファンド設立構想を打ち出していた孫氏と会談した。サルマン皇太子は1時間足らずで主要な投資家になることに同意した。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-03/P1IB0E6JTSE801

Inside the Eccentric, Relentless Deal-Making of Masayoshi Son


https://www.bloomberg.com/news/features/2018-01-02/inside-the-eccentric-unstoppable-deal-making-of-masayoshi-son

孫氏「10兆の次は100兆」

孫氏によると、武力と同じくらいの情熱をかけて資金の流れを作った点に違いがあるという。楽市楽座などの経済政策によって織田軍は当時の最新鋭テクノロジーである火縄銃を独占的に手に入れた。武田軍を鉄砲で破った勝因は、資金が入り続ける「構え」をつくったことにあるというのが孫氏の考えだ。

ただ、現代の楽市楽座である巨額ファンドは、孫氏にとって「資金の流れ」をつくりあげる道具でしかない。そのカネで築こうとしているのが「300年成長し続ける新しい企業集団の形」だ。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25210750Y7A221C1X11000/?df=2

20 May 2017 The SoftBank Vision Fund (the “Fund”) today announced its first major close with over U.S.$93 billion of committed capital.

SoftBank Group Corp (“SBG”)

the Public Investment Fund of the Kingdom of Saudi Arabia (“PIF”) as previously announced,

investors in the Fund also include

❏the Mubadala Investment Company of the United Arab Emirates (“Mubadala”),

❏Apple Inc. (“Apple”),

❏Foxconn Technology Group (“Foxconn”),

❏Qualcomm Incorporated (“Qualcomm”) and

❏Sharp Corporation (“Sharp”).

The Fund is targeting a total of U.S.$100 billion of committed capital, with a final close within six months.

https://softbank-ia.com/node/8

サウジアラビアの一斉汚職摘発

サウジは、ソフトバンクが企業買収を加速させる目的で設立した1000億ドル規模のビジョンファンド(SVF)の最大の投資家で、約450億ドルをコミットしている。同国では11月4日に王族や官僚などの一斉汚職摘発が行われたが、主導したのはSVFの後ろ盾となったムハンマド・ビン・サルマン皇太子で、同皇太子の権力は強まりつつあるとされる。ソフトバンクの孫正義社長は、汚職摘発について「ファンドはサウジ中枢との提携のため、全く影響ない」と2日後の(2017年11月)6日の会見で語っている。

ソフトバンクファンドに強力な後ろ盾、汚職摘発主導のサウジ皇太子 より
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-12-11/P0MUFL6JIJUR01

10兆円ファンドのゆくえ

❏『ロックフェラーがどうして世界を制覇できたか知っているか』
❏10兆円ファンドの投資先を仔細に見ればそれは一目瞭然
❏産業革命とは、『エネルギー』『輸送』『コミュニケーション手段』が大きく転換することで起きるもの。
❏当時は石炭が石油へ、鉄道が自動車へ、印刷から電話へと転換していく中、ロックフェラーはその石油、自動車、通信の3事業をおさえて大成功した。
❏次世代のエネルギー、輸送、コミュニケーションの覇者
『エネルギー』
❏国営サウジ電力に投資する
『輸送』
❏ライドシェアの覇者
EV(電気自動車)時代に突入する中で、自動車は誰でも作れるようになるので、価格競争激化で旨みのないビジネス
❏コモディティ化したスマホ市場では、大儲けしているのは端末メーカーではなくて、グーグルやアップルなどプラットフォーム
❏プラットフォームとなるライドシェア分野の支配
❏中国の滴滴出行、インドのオラ、シンガポールのグラブなどのライドシェア企業に投資済み。今後はアメリカのウーバーかリフトにも投資する
『コミュニケーション手段』
❏IoT時代の中核技術となる半導体を握るのが英アーム社。スマホの頭脳となる半導体の回路設計分野では世界シェア9割を誇る会社
❏再生エネルギーで作られた電力を使ったEVが街を走り回るようになる。
そのEVには半導体チップが大量搭載されていて、前後のクルマと通信しながら自動運転する――そんな「もうすぐそこ」に待っている未来に向けて、孫氏はしたたかに布石を打っている
❏投資先ではおおむね出資比率を50%以下にして支配権を握らないのがまた特徴。孫氏はそれを「群戦略」と呼ぶ
❏有利子負債は9月末時点で約15兆円と巨額で、昨年度には借金の利払いだけで4600億円以上
❏「1日に約12.8億円、1時間に約5000万円が利払い費に消えている計算
❏『あるマネジメントのルールをAI(人工知能)にインストールすれば、群戦略でグループ経営できる』

元側近たちがいま明かす「孫正義が見ている壮大な景色の正体」より
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/53555

「異才支援プロジェクト」 孫正義育英財団

「異才支援プロジェクト」
未来を創る人材の支援
「高い志」と「異能」を持った若者に自らの才能を開花できる環境を提供し、人類の未来に貢献する

ホーム

❏96人は、まず1年間は準会員となる。その後、改めて審査を受け、4年間正会員として支援を受けることになる。さらに審査で延長が認められれば、28歳まで在籍することもできるという。支援額は決めておらず、一人ひとりと話し合いながら、オーダーメードで決めていく。
❏孫財団は「もちろん孫氏もソフトバンクも見返りは何も求めません。社会に役立ち、世界を変えるような人材を育成したいだけです」(源田事務局長)と強調する。

https://style.nikkei.com/article/DGXMZO20395250V20C17A8000000?channel=DF130420167231

孫さんも認めた16歳の起業家 電子決済事業に挑戦
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO24960930S7A221C1000000

有名人の豪邸を勝手に見に行く(1)ソフトバンク孫正義邸
2017年5月、「フォーブス」が発表した「日本の長者番付2017」。トップ50人の平均資産額は約3400億円。そんな辣腕実業家たちのこだわりの大豪邸を公開!

「日本の長者番付2017」で1位になったソフトバンクグループ会長の孫正義氏は、港区に自宅を構えている。
「土地購入だけで坪あたり650万円。築19年の建物も4億3000万円はする。それらを合わせて、総評価額は、63億8000万円になります。

このほかにも、都内の老舗料亭跡地900坪を買収し、地上4階、地下2階の豪邸も所有している。地下にはゴルフ練習場やボウリング場があります」(不動産関係者)
●孫正義邸(ソフトバンク社長・60)

【評価額】63億8000万円
【長者番付】1位
【総資産】2兆2640億
【所在】東京都港区
【総面積】約915坪

http://news.livedoor.com/article/detail/14105556/

スポンサーリンク