1,712 Views

『病み上がり』発言についての鳥越候補からの質問に応える小池候補の沈着冷静な弁論術

スポンサーリンク

2016年7月17日日曜日の小池ゆりこ候補の発言 『病み上がりの人』

フジテレビ バイキング で、ついにバラエティ番組で都知事の候補3人が集まり、討論をするという事態になっている。
その中で、各候補が候補に聞きたいことを聞くという段階で、鳥越候補から小池候補へ質問があった。
小池候補の『病み上がりの人』発言についてだ
https://youtu.be/K5hdJVhq93E?t=1h19m27s

鳥越候補のがんサバイバーへの差別の追求をサラリとかわす小池候補の失礼しました対応。
すぐさま、元気になられてよかったじゃないですか。

「病み上がり」発言についての小池候補の対応 #都知事選  #バイキング

paul toshiaki kandaさん(@knnkanda)が投稿した写真 –

小池候補 のまったく動じない対応 頼もしいのか?冷たいのか? #バイキング  #都知事選

paul toshiaki kandaさん(@knnkanda)が投稿した写真 –

病み上がりの人 という発言をされましたか?

2016年7月19日火曜日 フジテレビバイキングより

小池ゆりこの沈着冷静な弁論術

『病み上がり』発言で、圧倒的に不利な立場であった小池ゆりこ候補。
それをもろともせずに、かわす言葉のチョイスが沈着冷静で見事すぎる。

「記憶にございません」
「失礼いたしました」
「お気遣いしてるんですよ」
「それしか質問ないんですか?」
「これが選挙ですからね…坂上さん」
「保険会社のCMじゃないですけども…がん検診も含めて頑張ってくださいね」

質問にはストレートに答えず、別の話題を、くりだすのはさすがだ…。

むしろ、小池候補は、「病み上がり」の候補ではなく、野党4党が「病み上がり」の方に頼らざることを批判した、行き過ぎた表現であり、鳥越候補を揶揄するつもりではありませんでした。失礼しました」というべきだった。そのほうがスマートだった。

一方、同じ論調のみで問い詰めたい鳥越候補。差別だ。レッテル貼りだのみ。
感情的な思いであおる鳥越候補。
ここは、静かなトーンで、「確かに病み上がりの候補でありますが、病み上がりという表現は、都知事候補としてふさわしい言葉だったのでしょうか?」と静かに攻めるべきだった。「差別、差別」と騒ぐだけでは、まるで議論にならない。

今回の議論は、どちらも、どっちだったが、小池候補の方が何枚もウワテだった。
しかし、こういう答弁をされる都知事もいかがなものかと思った人も多い…。
小池ゆりこ候補はスキがなさすぎるのだ。

そこで、今回、一番、株を上げたのが、だまって緩衝材に徹した増田候補だった。

なんだか、消去法で選ぶ都知事選挙となるのも…。

一応、候補は21人もいるので、みんなスタジオに呼ぶべきだったと思う。

3候補しか出演させないTVのほうが一番「差別」していると思った。

バイキングの討論すべてを観る
https://youtu.be/eUJKZ-lXkGw?t=1h4m54s

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク