ありえないPR会社の世界!

Toshiaki Kanda 2015年02月11日 水曜日
0 people like this post

提案資料には成果報酬(媒体で放送されたり、記事が掲載されたりすることで報酬を支払う)で日本経済新聞とワールドビジネスサテライト(WBS)が180万円、日経ビジネス、ダイヤモンド・オンライン、東洋経済オンラインなどが150万円、ITmedia、CNET Japan、ITProなどが100万円と、具体的な金額が並んでいた。TechCrunchも100万円なのだそうだ。380万円で4社掲載のパッケージプランもある。

http://jp.techcrunch.com/2015/02/06/20150205-pubulic-relations/

こんなサービスを利用する会社っているんだろうか?
当然、これらの会社がこの金額から分配をもらっているはずがない。
もらっている時点で、メディアの価値はなくなる。
※広告は別だが。

このPR会社の作成したリリースが、たまたま記者の目にとまっただけという成功報酬。
自社でリリースをお願いすればよいだけ。

ご注意下さい!
最近、「ワールドビジネスサテライト」の制作会社を名乗り、番組に取り上げるよう計らうので一定の費用を払え、という売り込みをする会社がある、との情報が寄せられました。 「ワールドビジネスサテライト」を始めとする報道番組は、あくまで報道番組の視点から番組が独自に取材対象の選定にあたっており、当社や番組制作会社が取材対象者から金銭を受け取って番組を制作することはありません。
不審な働きかけがあった場合には、テレビ東京までお問合わせください。
http://www.tv-tokyo.co.jp/wbs/

この記事に関連する記事

Category: ビジネス, 広告
  • 0
  • 251
Toshiaki Kanda

KNN