349 Views

2010年02月24日(水)19:00 「Ustreamビジネスセミナー  ~リアルタイムウェブ時代のライブ映像コミュニケーション~」

【講演】 2010年02月24日(水)19:00

「Ustreamビジネスセミナー 
~リアルタイムウェブ時代のライブ映像コミュニケーション~」
http://gs.dhw.ac.jp/event/20100224/

ご参加ありがとうございました!

講演の内容はこちらです。


2000224Ustream

セミナーの要約 ありがとうございます! 

http://mikura3.seesaa.net/pages/user/iphone/article?article_id=142040729

オプティマ・ソリューションズ株式会社 代表取締役 中康二 @kojinaka さんプレゼン資料

http://ow.ly/1b2HE

【企画趣旨】
2007年03月にサービスを開始したUstreamが、昨年以来、がぜん注目を浴びはじめています。
それは、Twitterなどの「リアルタイムウェブ」との親和性によるところと、iPhone3GSからの中継などによる簡易性によるところが大きい。さらに、2010年1月29日、ソフトバンクはUstreamへ約2000万米ドル(約18億円)を出資。Ustreamの株式13.7%を取得。今後は合計約7500万米ドルを出資し、株式の30%強を持つ筆頭株主になる見込み。かつてビジネスモデルの見えなかった米Yahoo!に出資した時と同じことが今、Ustreamに起きているような気がしてならない。今度のライバルは完全にテレビの生放送だ。

誰もがどこでも、気軽に生放送ができる時代となった。知人の体験を文字で追体験したのがtwitterならば、それを動画で見せるのがUstreamだ。テレビとちがって、知人の視点による放送は拡張する自分の視点でもある。さらにアップルのiPadなどによる視聴体験は未来のテレビの姿をもたらすことだろう。

また、@ksorano という女性が2009年より単独で、「ダダ漏れ」という異名をとった放送スタイルで、連日、都内各所からUstream.TVで各種イベントを「生」配信している。さらに、そのライブ配信をリアルタイムで「共有」しながら、視聴するというスタイルが浸透しはじめている。
特に、事業仕分けから亀井大臣記者会見に至るまで。プレスクラブよりも、早く、安く、しかも議論に参加できるメディアが登場している。そんな彼女の放送には、加ト吉(現:テーブルマーク)というメーカーがスポンサードを表明。異色の組み合わせであるが、ネット上でのテーブルマークというのブランディングの一環となる活動となっている。

そんなUstreamの現状と、2010年のストリームビジネスという視点をふまえ、1995年よりストリームを実践し、「YouTube革命」「Twitter革命」を上梓させていただいたKandaNewsNetwork代表の私、神田敏晶による、未来のための「ビデオストリーマー」育成と、そのビジネスを模索する企業のためのセミナーとして、デジタルハリウッド大学と共に「ストリームスクール」として開催させていただくこととなりました。
ふるってご参加いただければと思います。

今回の講師には、@ksorano こと、株式会社ソラノート  広報 佐藤綾香 氏を招き、ストリームの実情をご本人の立場からレクチャーいただきます。

【プログラム】
「Ustreamビジネスセミナー ~リアルタイムウェブ時代のライブ映像コミュニケーション~」

【講演】 2010年02月24日(水)「Ustream.tvビジネスセミナー」
     ~リアルタイムウェブ時代のライブ映像コミュニケーション~
【日時】2010年02月24日(水)19:00-21:00
【プログラム】

19:00-19:30 「Ustream.tv、ブレイクの理由」
KandaNewsNetwork,Inc.代表取締役 神田敏晶 @knnkanda
https://4knn.tv/

19:30-20:30 「決断ポトフのダダ漏れ放送」
株式会社ソラノート  広報 佐藤綾香 @ksorano
http://ketudancom.blog47.fc2.com/

20:30-21:00 「2010年、Ustream.tvの未来」
KandaNewsNetwork,Inc.代表取締役 神田敏晶 @knnkanda
株式会社ソラノート  広報 佐藤綾香 @ksorano

【費用】3,000円
【主催】デジタルハリウッド大学&KandaNewsNetwork,Inc
【場所】デジタルハリウッド大学 秋葉原メインキャンパス

【お申し込み】

http://gs.dhw.ac.jp/event/20100224/

この記事に関連する記事