619 Views

東京ジョイポリスでゼロレイテンシー VRを体験!

スポンサーリンク

ゼロレイテンシー VR の良かったところはこちらで紹介!

しかし、ダメ出しポイントもいくつか…。

完全装備した、記念写真をソーシャルでアップして、それをシェアさせればよいのに…。

スマホや腕時計、アクセサリー、テンガロンハット、すべてこのお着替えブリーフィングルームでロッカー入り。
写真とりたかったなぁ…。

運営には、まだまだいろいろ改善策が必要だ。

HMDがすでに汗くさい…。ファブリーズ必須!

4kgもあるPCを背負い、2kgのガンを振り回す。

マシントラブルも多々発生。その度に待たされる…。

しかし30分刻みでスケジュールはパンパン。

近くにいる仲間との接触アラートが一番怖い。

本番ではパ二くる人もいるかも。まじ、こえー!!!

走っちゃだめ…。だめ。だめ。うーん、現実感がありすぎる…。

しかし、これは2回目以降の人は説明時間省略して、長時間プレイできるとかのリピーター枠も欲しくなる。

価値ある1800円(16ドル)。しかし、入場料800円(7ドル) は知らなかった…。
焼肉げんか屋のシステムだったのか…。

予約は必須!

ヒールのある靴、サンダル、はアウト。
クロックスはかかとにヒモがあればオッケー

登録したメールアドレスに、成績が届くよ!

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク