松岡修造流の生き方 メゲた時こそ松岡修造がいる。あきらめんな!

Toshiaki Kanda 2015年06月05日 金曜日
0 people like this post

❏「辛い時こそ、笑顔」by 松岡修造

❏辛い時こそ、無理してでも笑顔で乗り越える。

自分が「できない」と思った時こそ「できるぞ!修造!」と自分で自分を応援する。

松岡修造さん、すばらしい!

❏根性論ではなく、「理論」で怒るという。つまり「怒る」ではなく「しかる」だ。
 「怒る」は、自分の単なる怒りであり、「しかる」は相手への導きだ。

❏「褒められて伸びるタイプなんです…」という生徒に対して
褒められる結果になっていない人を褒めることはできない。本当に褒められる結果であれば誰からも褒められる。世界を相手にするならばそんな弱いことではダメだ。

#NHK #スタジオパーク

テニスだけでなく、スポーツ全般の応援団、いや、スポーツを離れ、すべての人の応援になるコメントでした。

松岡修造がかつての心の弱さ告白 ドが付くほどネガティブだった
http://news.livedoor.com/article/detail/10196100/


https://www.nhk.or.jp/park/guest/guest_20150605.html

https://www.youtube.com/watch?v=pXwEFM4UcFU

  • 0
  • 342
Toshiaki Kanda