歯を白くするための激安!在宅ホワイトニング

Toshiaki Kanda 2015年06月29日 月曜日
0 people like this post

自宅にあるものだけで、簡単に歯を白くする7つの方法!!

1 重曹で歯を磨く



弱アルカリ性で研磨作用があるため、長く使い続けるうちに歯が少しずつ白くなります。重曹には殺菌作用もあり、歯周病の予防、歯垢を除去、口臭を防ぐという効果もあるそうです。

※100均で購入!
5分待つそうですが、塩っ辛く、5分も持ちません(笑)
普通にブラッシングした後にトライ

重曹は使い方を間違えなければ万能です!
http://antiaging.akicomp.com/?p=4953

2美容歯科推奨のホームホワイトニング法

パールホワイトプロEX

※口コミは微妙かな(笑)
http://www.cosme.net/product/product_id/10066847/reviews

シティーズホワイトの方がコスパは高そう!

3フルーツで歯を白くする

フルーツに含まれるリンゴ酸が自然の収斂剤(しゅうれんざい)となり歯の表面についたシミや汚れを取ってくれます
※食後のデザートに食べればよいだけですね。

4ココナッツオイルを使う

その理由は、油で油汚れを浮かしながら歯石も除去するためです。
ホワイトニング以外にも、虫歯菌を減少させたり、歯肉炎を改善させる働きがあります。

5バナナの皮でこする

バナナの皮の内側には、カリウムやマグネシウムなどの豊富なミネラルがたくさん含まれています。そのミネラルが汚れや黄ばみを吸収してくれるので、歯を白くすることが出来ます。
※バナナの皮でこすって10分待っている間が気持ち悪くて、待てずに歯磨きしちゃいました。

6鼻呼吸を意識する

口呼吸は唾液の循環を妨げ、口の中が乾燥しやすくなります。
口の中が乾燥することにより、ステインが付着しやすくなり、歯が黄ばむ原因になるんです。
※これはいつもやっていることなので、変化がなさそう。問題は寝ている時に口呼吸しているかどうかですね

7乾いた歯ブラシで歯を磨く

歯磨き粉の「有効成分」が歯に浸透する前にうがいをしてしまっているため、せっかく歯磨きをしてもなんの意味もなくなってしまいます。

※ついつい、歯ブラシを水で洗ってから使いますが、それをやめてみるのは効果がありそう。

食後30分後の歯ブラシ!

食後すぐはエナメル質が柔らかくなっているので、通常通り硬くなる約30分後が理想とされています

※なんと、30分以内ではなく30分後ですか!これは知らなかった!
食後すぐに、エナメル質がやらかい時にゴシゴシしていたかも!

http://kirei-plus.net/archives/3659

この記事に関連する記事

Category: healthcare
  • 0
  • 299
Toshiaki Kanda