486 Views

なぜ?Amazonでは1円で本が売れるのか?

By: Zhao !

世の中には不思議なことがいくつかある。

Amazonで書籍を購入しようとすると、中古品でたまに「

1円+340円(配送料)」という書籍と出会うことがある。

※または「1円 +257 円(関東への配送料)」

本が、たったの1円で売られているのだ。
どういったビジネスで販売されているのだろうか?

なぜ本が1円で売られているのか?

自分の書籍もご覧のようにこのとおりだ…。


読者としては、送料込みの341円で書籍が読めるというのは非常に経済的である
書籍は新品に限るという人でなければ、抵抗がないかもしれない。

また、ボクのように、お風呂の中が一番の読書スペースというタイプの人にとっては、中古品のほうが、ジャブジャブ濡れた手でも読書を続けることができる。

著者のはしくれとしては、自分の書籍が中古で流通しても一銭のメリットもない。しかし、一冊の本が流通し、一人でも多くのアイボールに触れていただけるというのも著者冥利につきるものとして考えたい。しかし、購入された本が、もう不要と売り出されているという事実も同時に認識せざるをえない。

さて、Amazonで実際に購入したところ、1円といえども、リアルな青森県の古書店から、セロテープで宛名が貼られ、ガムテープで処理をされた本が発送されてきた。
1円といえども、宛名をセロテープで貼り、ガムテープで梱包するのに、慣れていなければ3分くらいはかかるだろう。

時給800円の人が、3分かかると、40円の労働コストが発生する。一冊の本を送る度に、39円の赤字!が出て古書店の経営はホントに大丈夫なのか?

そして、こういう疑問を抱いたまま、棺桶にははいれないので、青森の古書店さんに直接、電話をして質問してみた。

いつもの通り取材電話は、Skype経由なので、取材コストはほんの数円だ。

聞くは一時の恥!

これが1円で本が売れる理由

なんと、こういう儲けのカラクリがあったのだ。

【1】神田→Amazonに本代1円+送料340円で注文

【2】Amazon→出品者(青森の林語堂さん)から手数料100円 本代から15%のマージンを抜く。

この場合、Amazonの利益は100円 本代1円は15%のマージンがとれない。
※14円以下の本代の場合Amazonは、15%のマージンがとれないこととなる。

なるほど、Amazonは送料から100円儲けているわけだ。
※本代0円では販売できない
※1円だとリストの上位に表示される

【3】341円-100円=残りの241円が青森の古書店さんに後日渡される。

【4】冊子小包(現在ゆうメール)大量割引で100~160円 (※400gまで)

http://www.post.japanpost.jp/fee/simulator/kokunai/you_mail/special_1.html#01

クロネコメール便なら80円~

http://www.kuronekoyamato.co.jp/mail/mail.html

【5】出品者(林語堂さん)の利益は、

【3】241円 -【4】160円=最低81円となります。

なるほど!利益は1円でなく、送料の努力で、最低でも81円は確保できるというわけだ。

林語堂さんは、一冊あたりは、それほどの利益にはならないが、たくさんの古本を扱っているとそこそこの利益になるという。

クロネコメール便で送れば、161円と利益が増えるのですが、以前到着しなかったという事故があって、冊子小包(現在ゆうメール)を利用しているとのこと。

80円の利益確保のためにトラブルが発生したほうが、時間的に高くつくということだ。
※あくまでも青森県の古書店さんのご意見

Amazon Primeでも、この分野(中古商品)の送料も無料になるところまでの、エスクローサービスが欲しいところだ。

※青森の林語堂さん、儲かりの仕組み教えていただきありがとうございました。

かつて、アメリカに住んでいた時に、amazonを利用した時に、住宅や保険などの本が1ドルで販売されていて、それを購入すると、住宅会社や保険の営業マンがスっ飛んでくる(笑)というモーレツな見込み顧客名簿収集のビジネスモデルがありましたが、送料の中に利益をインクルードするというビジネスモデルと確信できて、少しホッとして購入することができる。

ということで、

「Amazonで1円で本が売れるのは、配送料に、手数料と送料と出品者の利益がインクルードされているから」

という答えで、一件落着…かな…?

Amazonは、「配送および手数料」とクレジットするべし!

しかし、しかしだ。
なんだか、腑に落ちない。

この納得できないボクの理由をさがしてみた…。

やはり、「配送料」と明記されている金額340円から、100円手数料を取っているのは、amazon側の詭弁のような気がする。

「配送および手数料」と明記すべきではないのか?

この記事に関連する記事