1,324 Views

なぜ?Dropboxは、他の同様の機能をもったプログラムよりも 普及したのか?

海外のQ&A サイト http://www.quora.com/ より

なぜDropboxは、他の同様の 機能をもったプログラムよりも 普及したのか?

Why is Dropbox more popular than other programs with similar functionality?
http://www.quora.com/Dropbox/Why-is-Dropbox-more-popular-than-other-programs-with-similar-functionality?q=dropbox

この意見にはなんと130もの見解が寄せられている。ネットビジネスの宝の山だ!

他にも、こんなQuestionがある

なぜDropboxは、無料トライアルよりもフリーを決断したのか?
Why did Dropbox decide to go with a free plan instead of a limited-time trial?

とりあえず、PPT(パワポ)化して、資料として使える形にしておく。
PDFにして配布するのもあり。

 

Dropbox普及の12ポイント

 

1.It‘s simple. 簡単!
2.It WORKS, except in China. 動く!中国以外では
3.It‘s cheap (free). タダ
4.It‘s universal (PC, Mac, Linux, mobile).ユニバーサル
5.Effectively combines fun and function (love sharing with others).
効果的に共有できる
6.The social networking angle works well.ソーシャルである
7.A business case can also be made for this – we‘re using it in our work with field techs. ビジネスでも使える
8.It‘s scalable – after people see the benefits, paying for additional storage or history has more value. スケーラブルな容量
9.Great for critical files (like photos, docs, etc.) ファイルの多様性
10.Catchy name and graphic (branding/marketing) 覚えやすさ
11.The network effect (compare it with its competitors using Google trends)
ネットワーク効果が活かされている
12.It has a very good API for developers.
デベロッパーにAPIが提供されている

 

しかし、なんといってもDropboxがスケールした事の理由は2つだと思う。

【1】サービスが良かったこと。
これは一番重要なシンプルで基本的なこと

市場に一番乗りしなくても成功する道はある。ドロップボックス以前に、似たようなサービスを提供していた会社はいくつもあった。グーグルの前にはヤフーがあり、フェイスブックの前にはマイスペースがあった。ドロップボックスは、同じ問題を本当に使いやすく解決したことで人気を得ていったのだ。

GoogleにしてもFacebookにしても、弱点は山ほどある。企業は基本的にワンミッションしか遂行できない。そして必ずあちらこちらにスキがあるからだ。

【2】友達を紹介するとサービスが増大化すること。

サービスが良ければこのキャンペーンは顧客獲得に一番貢献する。

❏無料アカウントは 1 人紹介するごとに 500 MB を獲得できます。紹介で最大 16 GB まで追加容量を獲得可能です。
❏プロ(有料)アカウントは 1 人紹介するごとに 1 GB を獲得できます。紹介で最大 32 GB まで追加容量を獲得可能です。
https://www.dropbox.com/ja/help/54

有料バージョンにすると広告の表示が消える…などとかの、顧客の嫌うことを押し付けるサービスとはまったく違う価値が生まれる。

ネットのサービスのポイントは、【サービスの便益性】と【サービスの信頼性】で構成されている。
この2つのビジネス性能のサイクルが回り続けている限り、スケールしやすい。

どちらかが、停止した瞬間にサービスは終わる。



 

201112trend



 

 

 



  

この記事に関連する記事