スタートアップに関する、数々の勘違い Droobox起業ストーリー

Toshiaki Kanda 2014年10月15日 水曜日
0 people like this post

スタートアップに関する、数々の勘違い

Dropboxのドリュー・ハウストンは、起業について勘違いされている数々の点を指摘する。

そのひとつは、経験のある起業家だけが成功するわけではないということ。シリコンバレーではすでに何度も起業を経験してきたシリアル・アントレプレナーがたくさんいる。経験を積み、コツを知った彼らには強みがあるだろう。

だが、ハウストンは言う。「いろいろなことを知っているのは、確かに資産になる。けれども、キャリアを積んでいくにつれて、世界のことがわかったような気になると、固定したメンタル・モデルを作ってしまい、フレキシブルでなくなるんだ」。ドロップボックスは、知らないからこそできたことがたくさんあったという。

また、市場に一番乗りしなくても成功する道はある。ドロップボックス以前に、似たようなサービスを提供していた会社はいくつもあった。グーグルの前にはヤフーがあり、フェイスブックの前にはマイスペースがあった。ドロップボックスは、同じ問題を本当に使いやすく解決したことで人気を得ていったのだ。

ハウストンは、知らないことを学ぶために、システマティックに勉強もしたそうだ。週末は何冊もの本を持ってアパートの屋上に上がり、ずっと読み続けた。テクノロジー、セールス、財務など、分野ごとに評価が高い入門本をアマゾンで買い、それをこなしていったのだ。

それでも、刻々と変化するテクノロジー業界や会社の状況によって、6カ月ごとに新しいことをどっさりと学ばなければならなくなるという。集中し、しかも速すぎると感じるほど素早く行動することが必要だと、ハウストンは強調する。

本当の便利さとは何か。ドロップボックスのアイデアの根源は、それを探ることにあった。2億人というユーザーが気に入ったのも、その点である。

引用元: 「地味」なドロップボックスが人気化した理由 | 米国製リーダーの実像 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト.

この記事に関連する記事

Category: news
  • 0
  • 187
Toshiaki Kanda