// 「ガスト」がフォアグラを安く提供できる理由 1350店舗での大量発注と生産者からの30数トンにおよぶ買い付け | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv 「ガスト」がフォアグラを安く提供できる理由 1350店舗での大量発注と生産者からの30数トンにおよぶ買い付け | KNN KandaNewsNetwork 4knn.tv
2,497 Views

「ガスト」がフォアグラを安く提供できる理由 1350店舗での大量発注と生産者からの30数トンにおよぶ買い付け

フランス政府IGP認定のフォアグラがなぜ、ガストで安く食べられるのか?

しかも本場フランス・ペリゴール産だという。

でも、すかいらーくグループのジョナサンで、実際に食べてみたら、焼き加減がカリカリすぎて残念だった。
クレームすると、シェフに伝えておきます…で終わり。

シェフからは何もなし…。アルバイトさんだから仕方がない…。

すかいらーくグループ
http://www.skylark.co.jp/

EUが優良産地の農産物であることを保証するIGP認定も受けている。さらに、仕入れ先は高級レストランでの使用も多い80年の歴史を持つ老舗ブランド。そこまでしっかりした品質のものが、なぜこれほど安いのか?

「ガストは1350店舗、世界最大級のテーブルレストランなので、いわゆるスケールメリットがあります。今回、実は生産者からは30数トンにおよぶフォアグラを買い付けました。かなり早い段階から計画生産をしてもらったものです」

実際に食べてみると、臭みもなく、中はしっとり、ふわとろ食感。表面はカリッときつね色に焼き上げられていて、表面と中身の食感のコントラストも見事!

「フォアグラは焼きすぎるとぱさついてしまうし、焼きが足りないと生っぽくなってしまう。フォアグラは50~60度の温度で、表面をカリッと焼き上げたものが一番おいしい。ステーキでいうならミディアムな感じ。ハンバーグが焼き上がったとき、ちょうどよい温度になるよう工夫しています」とメニュー開発担当の樋上悦也さんが教えてくれた。

バルサミコベースにはちみつ、赤ワインが効いたオリジナルソースは、パンにつけてもおいしい。

引用元: 「ガスト」がフォアグラを安く提供できる理由 – Excite Bit コネタ(1/2).

 

 

 http://www.skylark.co.jp/brand/?_ga=1.12522365.857253607.1412498447

ブランド一覧

この記事に関連する記事