映画で体験する世界史B 古代編

世界史、日本史、これほど、知っておいて損をすることのないストーリーはない。

世にある、様々ないろんなことを、一人の人間が起こしたイベントが多い。

これらを『暗記』しても意味がなく、当事者の感覚でそれらの時代や環境で思考し、どう行動を起こしたか?はビジネスの戦略にとっても非常に意味があることが多い。

それをコンパクトに体験できるのが映画だ。歴史に基づく映画のラインナップ。

基本的に Amazon PrimeVideo などですぐに再生できる映画のラインナップ。

 

紀元前 映画

 

ユダヤ教 旧約聖書 『創世記』『出エジプト記

十戒(1956年)

モーゼの 出エジプト記

同様の映画を、リドリー・スコット監督が、描いたのが、

エクソダス:神と王(2014年)
https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00WHB4UWO/ref=atv_dp_share_cu_r

 

紀元前1世紀

■『ベン・ハー(1959年)

https://www.amazon.co.jp/gp/video/detail/B00FIWHV98/ref=atv_dp_share_cu_r

キリストの生誕から布教活動の時代。ユダヤ人の立場から描かれる。
チャールトン・ヘストン主演。
イエス・キリストを第三者的立場で知ることができる。

 

 

 

■世界史の俯瞰 1万年前から21世紀まで

http://www.y-history.net/appendix/appendix-yogo-nenpyo.html

http://www.y-history.net/appendix/appendix-list.html

 

■メディア進化論 メディアの歴史
http://web.tuat.ac.jp/~s-hotta/media/histo.pdf

 

 

この記事に関連する記事