4,010 Views

マクドナルド、ハワイアンバーベキューポークを食べてみた!2015/2/13(金)〜2/19(木)

マクドナルド、ハワイアンバーベキューポークを食べてみた!

https://www.youtube.com/watch?v=Im9vz_Sgi90
http://www.mcdonalds.co.jp/campaign/hawaii/

「ハワイの伝統料理『カルアポーク』をイメージしたハンバーガー。4時間以上じっくり加熱してやわらかく仕上げたほろほろポークと、スパイスの効いたポークパティ。2種類のポークをパイナップル果汁入りのBBQソースが引き立てる」
「シャキシャキキャベツにタマネギとにんじんを入れたコールスローを添えて。ピクルスのアクセントが効いた、ワイルドな味わいの一品」
http://www.mcdonalds.co.jp/quality/basic_information/menu_info.php?mid=8820

垂涎のコピーに釣られて…ふらふらと久々のマクドナルドの店内へ…恐る恐る…はいった。

たった、一晩しか総点検していないからだ。

セットメニューではなく、
もちろん単品 390円 + コーヒー100円 で490円を選択。
利益率に貢献するだけのコーラとフライドポテトはいらない。もっとサイドメニューを充実させてくれればよいのに。

そして、届いたのが、こちらだ。

紙のラッピングに包まれたハワイアンバーベキューポーク

そして、中身はこんな感じ!!

いったいどこに、4時間以上じっくり過熱したほぐし肉がはいっているんだ?
キャベツのほとんどは、バンズからこぼれおちているし…。

あまりにもメニューの美味しそうなハンバーガーと雲泥の差だ。

実際に食べてみた断面をみても、どこにもほぐし肉は確認できない。
ぱっさぱさのポークパティの存在は確認できる。

これは「異物混入」ではなく、「有物欠品」状態ではないか?

初めてたべる食品なので、比較できないけれども、もう一度トライしてみて、ほぐし肉の有無を確かめる方法しかない。

また、それを証明するために、食事を中断し、店員さんに自分の食べているハンバーガーを階下にまで、わざわざおりていって、バンズの中身を見せて質問する気にもなれなかった…。

リファウンドしてもらったり、新しく作ってもらう方法もあるが、そこまでの欲求にならない程度の味だし…。

クレームには、必ずどこかに愛があるが、クレームにならない声には、愛がなく、クレームする気にもならないという意思表明でもある。
企業は、本当はそんな声こそ解決すべきなのだ。

可もなく不可もない390円の食品に対して、消費者は、次から食べないという選択をすることだろう。

吉野家の牛丼だったら30円お釣りがきたと思い。その日のマクドナルドの選択をボクは後悔した。
いや、むしろ、期間限定の新メニューは、定例メニュー化のテスト販売とも思っていたが、とりあえず、来店する機会を提供するだけの単なるプロモーションのような気になってきた。であれば、味はほどほどで、話題さえあればいいのだ。

一応、日本マクドナルドの人がトレースしやすいように、レシートをアップしておきます。クレームは消えるけど、他人のブログは生涯消えることがない。
ブログの評価が一番企業としては面倒くさい。

企業のフィードバック用のサイトもあるべきだと思う。

そう言えば、以前、公正取引委員会にも、ダブルクオーターバウンダーの広告と中身が違いすぎたので、相談してみたことがあった。自分でも忘れているほどだけど、検索エンジンが覚えていた…。
公正取引委員会にいいんかい?と質問してみた
申告書までは出していないが、公正表示に抵触する恐れがあるという。

他の記事も検索してみると…似たような評価だった

【激怒】あまりにも残念すぎるマクドナルドの『ハワイアンバーベキューポークバーガー』を食べて涙する
http://getnews.jp/archives/812914

マックのハワイアンバーベキューポークを食べてみた感想「カバブバーガー?」
http://spaceb-bb.com/mcdonalds-bbq/