19 Views

米国合法大麻市場72億ドル8208億円 25万人の雇用2020年 2025年には240億ドル2.7兆円30万人雇用

スポンサーリンク

合法大麻市場を、新規のヘルスケア業界として考えると、好影響なことは多いかもしれない。

米国と文化や法律も違うけれども、日本が米国の1/2の市場と考えると将来的に、1.3兆円(118億3000万ドル) 15万人の雇用を生み出すとも考えられる。

1.3兆円(118億3000万ドル)というと、日本のペット産業1.4兆円(364億ドル) と同等の市場規模に値する。

ペット産業の動向~市場規模、競争環境、主要企業

IR法案でカジノ法が成立して、日本でIR市場ができるとすると、米国の市場3.7兆円(336億7000万ドル)の半分とすると、1.9兆円(172億9000万ドル)規模となる。

デロイトトーマツ調べ 世界のゲーミング市場
https://www2.deloitte.com/jp/ja/pages/real-estate/articles/re/ir-business-research-group2.html

合法大麻市場、自殺者や精神疾患での医療保障費を考えると、特別特区として、過疎で悩む地方からという政策もありなのではないだろうか?

冬にはオーストラリア人で人気のニセコ。夏場はほとんど誰も来ない。むしろ合法大麻特区で夏場の理解のある国のインバウンド需要も考慮できるかもしれない。

□大麻業界の調査機関ニューフロンティアは新たに発表した報告書で、合法大麻市場は2020年までに25万を超える雇用を創出すると予想している。

□同統計局は、2024年までに製造業では81万4000人、公益事業で4万7000人、政府機関では38万3000人、それぞれ雇用者数が減少するとしている。

□合法大麻市場は2016年には推定72億ドル(7972億2000万円)(約8146億円(74億1286万ドル))規模

□今後は複合年間成長率17%のペースで成長が予想されている。

□医療用大麻の売上は、2016年の47億ドル(5204億750万円)から2020年には133億ドル(1兆4726億4250万円)

□成人の嗜好用大麻の売上は2016年の26億ドル(2878億8500万円)から2020年までには112億ドル(1兆2401億2000万円)に増える見通しだ。

□「今後3年から5年で大麻業界の成長ペースはある程度減速すると予想している。
だが2025年までには市場全体の売上高が240億ドル(2兆6574億円)を上回る見通しで、2020年までには30万人、近い雇用を創出する可能性もある大麻市場は依然として、アメリカ経済における前向きなエネルギーであり続けるだろう

http://forbesjapan.com/articles/detail/15350

あなたにお勧めの記事

スポンサーリンク