ゴールドコースト・サンドウィッチ by Paul

Toshiaki Kanda 2012年04月04日 水曜日
0 people like this post


 

   

 

 

 

    カスタム検索
 

 

あまりにも、外食していると高くつくので、最近はもっぱら自炊主義!

シェアメイトが毎朝、サンドウイッチをお昼ごはん用に作っているのを見て、影響されました。

うん! サンドウイッチ超簡単!…でも、ブログネタにするには、簡単すぎるので…

熱くしたフライパンに、バターを溶かし、溶いた玉子を2ケ、軽くまぜて入れ、そのままスクランブルっぽくしてブラックペパーと岩塩少々。ピクルスをちょっとまぜて…。

これで黄金(ゴールドコースト)卵焼きの出来上がり!

あとは、マーガリン&サニーレタス&ローストポークハム&そして、スクランブルの手前の黄金卵焼き!をサンドして出来上がり!!

サンドウイッチは、マウスでニュースを見ながら、食べられるので、朝の食卓には最適!!

本来、サンドウイッチ伯爵が、トランプしながら食べられるように開発された食べ物ですからね。

http://j.mp/HWS85M 

名称は、18世紀イギリスの貴族で海軍大臣などを歴任した第4代サンドウィッチ伯爵ジョン・モンタギュー(John Montagu, 4th Earl of Sandwich)にちなむ。伯爵の名は領地サンドウィッチ村から来ているが、この村の名前は古英語で「砂の地」を示す言葉 “Sandwic” に由来する。

最も有名な由来は、『サンドウィッチ伯は無類のトランプクリベッジ好きで、食事にかける時間も惜しむ程だった。そこで、ゲームの合間に片手で食事が取れるよう、パンに具を挟んだものを用意させていたことから、いつしかこれがサンドイッチと呼ばれるようになった』…というものだが、当時のイギリスは戦争中で、さらにイギリスにおいて海軍大臣は要職であるためカード遊び三昧であったとは考えにくく、伯爵の食事形態が由来だとするならば、きちんと食事をする暇もない激務故のことであったとも言われる。

伯爵をだらしない人物だと印象付ける為に政敵が流したデマとの説がある。「カード遊びにうつつをぬかし、パンに肉を挟んでカードのように食べたサンドイッチ伯爵」というゴシップがロンドンの観光雑誌に掲載されたため、「食事のまずいイギリスでは貴族でもパンを片手にカードゲームしている。ナイフもフォークも使わない庶民の食事だ。」という笑い話として観光客や外国人の口から広まって全世界に定着したという話である。

サンドウィッチ伯をサンドイッチの発明者とする話もあるが、パンに具を挟むという料理自体は古代ローマオッフラインドナン中東ピタメキシコタコスブリート等、古くからあったものである[1]

また、「サンド(砂、sand)とウィッチ(魔女、witch)」以外、どんなものでもパンにはさんで食べられるということからサンドイッチと名づけられたとする説もある。

正統サンドイッチ(サンドウィッチ伯が食していた当時のもの)は、具はキュウリのみで他には何もない。

2011年現在、11代目サンドウィッチ伯であるジョン・エドワード・ホリスター・モンタギュー・サンドウィッチ伯爵はウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのダウンタウン・ディズニーに、Earl of Sandwich (サンドウィッチ伯)というサンドイッチ店を開業しており、サンドウィッチ伯が経営しているサンドイッチ店になっている。

 

 

 

 

 

 


< href="http://www.facebook.com/kandanewsnetwork" send="true" width="450" show_faces="true" font="arial">
    
 

 


この記事に関連する記事

Category: 料理&飲食
  • 0
  • 42
Toshiaki Kanda